セカンドライフロゴ お問い合わせ お申し込み
セカンドライフロゴ お申込
福島県で寄付されたぬいぐるみ達は第2の人生を歩んでいます。
福島県からの不用品の寄付で、笑顔が生まれます
にこっとは、完全無償でプレゼントしています
セカンドライフは、寄付の見える化を目指しています
事例 1 | 全校生徒に絵本をプレゼント
事例 2 | 笑顔を運ぶランドセル
福島県で寄付されたぬいぐるみ達は第2の人生を歩んでいます。
福島県からの不用品の寄付で、笑顔が生まれます
にこっとは、完全無償でプレゼントしています
セカンドライフは、寄付の見える化を目指しています
事例 1 | 全校生徒に絵本をプレゼント
事例 2 | 笑顔を運ぶランドセル

福島県から寄付された
ぬいぐるみ次の里親さん
笑顔にしています

色々な理由で不用になったぬいぐるみを、ゴミと一緒に処分するのは、気持ちよくないですよね。

NPO法人グッドライフは、福島県から送って頂いたぬいぐるみを、新しい里親様にお届けして、世界中に笑顔を届ける活動を行っています。

※ ページ内のお写真は、全て、福島県を含む全国から寄付して頂いた実際のぬいぐるみのお写真です。

福島県で、不用になったぬいぐるみを、ゴミにしていませんか?

福島県の皆様からお送り頂いたぬいぐるみは、今日も誰かを笑顔にしています。

ぬいぐるみの寄付 | 福島県 | 今日も誰かを笑顔にしています。

まだ使えるぬいぐるみが、毎日、福島県 のゴミとして処分されています。

様々な理由はあると思いますが、 やはり、ぬいぐるみをゴミとして処分するのは、気持ちよくない事ですし、福島県のごみ問題や、地球環境にもよくありません

セカンドライフでは、毎日のようにゴミとして処分されている ぬいぐるみ、おもちゃ、人形、古着、ランドセル、文房具、絵本、車いす、ベビーカーなどの福島県 内の家庭内の雑貨のリユースに取り組んでいますす。

世の中から1つでも多くのごみを減らし、笑顔を増やすためのプラットフォームとして、活動を継続していくこと。

それが、セカンドライフを運営するNPO法人グッドライフの組織としての目的です。

セカンドライフの活動は、福島県の多くの皆様のご支援のおかげで、今年で11年目を迎えることができました。 その間に、福島県にお住いのたくさんの方々から、ぬいぐるみを寄付して頂いて、たくさんのぬいぐるみの第二の人生をサポートして来ました。

もし、不用になったぬいぐるみの処分にお困りだったり、気持ちよくぬいぐるみを手放したい方は、、 ぜひ、セカンドライフを通じて、世の中に笑顔を増やす活動にご参加下さい。

ぬいぐるみの里親報告
これまでに、セカンドライフが仲介させて頂いた、実際の里親さまのお写真やコメントなど、当ホームページ内で公開しています。その中には、福島県から送って頂いたぬいぐるみもあります。 ぬいぐるみの里親様の素敵な笑顔がたくさん届いていますので、ぜひ、ご覧になって下さい

>> SNSを使った国内向けの寄付事例を見る >> 企業/団体様との寄付活動を見る

ぬいぐるみの寄付が、募金になります。

ぬいぐるみの寄付 | 福島県 | 募金になります

セカンドライフでは、サービスを立ち上げた当初の2011年から募金活動を行っています。ポリオ撲滅のためのワクチン募金で、募金実績もホームページ上で公開しています。

セカンドライフに、お送り頂いたぬいぐるみの箱数に応じて、ワクチン募金を行っていますので、福島県からぬいぐるみなどを寄付して頂く皆様にとっては、セカンドライフにぬいぐるみをお送り頂く事が、募金活動にもなります。

福島県の皆様から、沢山の寄付を頂いております。
今までに、のべ 1,838名の方から、約 3,014 箱の寄付商品を寄付して頂きました。

福島県で寄付と募金にご協力頂きましたみなさま、本当にありがとうございます!

今後も、この活動を継続していくことで、「 ゴミを減らす寄付活動が、募金にもなる事 」を、1人でも多くの皆さまに知って頂き、参加して頂ければと思います。

>> 募金について見てみる
ご参加頂ける皆様へ
当ホームページより、お申込みをお願い致します。 お申込み後に、福島県のご指定の住所に専用伝票が届きます。

ぬいぐるみなどを入れたダンボールに、専用伝票を貼り付けて頂ければ、福島県からセカンドライフに、ぬいぐるみが寄付されます。

>> 福島県からの、お申込みの流れを見る

福島県でのぬいぐるみの寄付の
>> お申し込みはこちら



福島県での、ぬいぐるみの寄付活動は、
2011年から始まりました。

ぬいぐるみの寄付 | 福島県 | セカンドライフの活動

過去には、東日本の震災、世界を大混乱させた新型コロナウイルスの流行など、色々な事がありました。 私たちセカンドライフは、世の中が大きく変化しても、創業当時と変わらず日々コツコツと、ぬいぐるみや、その他の家庭内の不用品のリユース活動を行っています。

ぬいぐるみの仕分けは、とても地味な作業ではありますが、人が笑顔になるポイントは、時代を経てもそれほど大きくは変わらないと考えています。 おかげさまで、私たちの笑顔を増やす活動は、多くの方にご支持を頂き、今日までサービスを継続することができました。

今後も少しづつですが、セカンドライフのサービスを充実していき、ぬいぐるみの寄付を通じて皆様の笑顔に出会えるサービスを目指してまいります。

>> セカンドライフの特徴とサービスを見る

セカンドライフを運営するNPO法人グッドライフの活動理念は、ぬいぐるみなどのリユース活動を続けることで、福島県から1つでも多くのごみを減らし、 世界中に1つでも多くの笑顔を生み出すことを、理念としています。

福島県で寄付に興味をお持ちの企業様へ

ぬいぐるみの寄付 | 福島県 | 寄付に興味をお持ちの企業様

SDG's ( 持続可能な開発目標 )という言葉が、ここ数年で注目を浴びています。
セカンドライフの理念と活動は、SDG's の掲げる目標と、当初から同じ目的なので、親和性が高く、多くの企業様からもご相談を頂くようになりました。
一過性ではなく、持続可能で、ご支援いただける活動を、今後も継続して行きたいと思います。

福島県の法人、団体様で、SDG's / CSR の一環として、ぬいぐるみのリユース活動に取り組まれる方、 取材やボランティア活動への協力を依頼されたい方々は、お気軽にご相談下さい。
NPO法人として、お手伝いできることに、全力で取り組ませて頂きます。

NPO法人グッドライフの活動紹介

私たちの行ってきた活動、私たちのお手伝いできる活動を紹介させて頂きます。ぜひ、ご覧になって下さいね。

1) SNSを使った国内向けの寄付 2) 企業/団体様とのコラボレーション 3) 私たちがお手伝いできること 4) サステナブルをもっと身近に

1) SNSを使った国内向けの寄付

SNSでご報告頂いた
ぬいぐるみの里親さまをご紹介します。

ぬいぐるみの寄付 | 福島県 | 寄付の見える化 - にこっと

福島県や、日本全国から寄付して頂いたぬいぐるみは、国内向けのものに仕分けてから、NPO法人グッドライフが運営する「 にこっと 」 という新しい仕組みで、国内のぬいぐるみを必要としている方々に、送料を含めて完全無料でお譲りしています。

「にこっと」は2018年に開始したサービスです。「 寄付の見える化 」を目指しており、寄付して頂いた方と、ぬいぐるみの里親さん( = ぬいぐるみの第二の人生を共に過ごしてくれる方 )を繋ぐサービスです。 里親様からは、実際にぬいぐるみで遊んでいる様子などを、お写真や文章でご報告頂いております。

寄付されたお品物のその後を、実際の里親様から頂いたお写真や文章でご紹介することで、「 寄付の見える化 」を行っています。 今月は、どんな笑顔が届いているか?をぜひご覧ください。

  • ディズニー ダッフィーのぬいぐるみ
    ディズニー ダッフィーのぬいぐるみ

    インスタより ちびえり 娘がダッフィーの里親さんになりました♪とっても可愛いし綺麗で新品?って思っちゃうくらい前の方が大切にしていたんだな^o^これから宜しくね

  • ひょっこり ぺんぎんのぬいぐるみ
    ひょっこり ぺんぎんのぬいぐるみ

    HPより YUA すみっコぐらしと恐竜にドハマリ!このぬいぐるみほしいと選びお迎えしました。毎日一緒に寝ていてとっても気に入った様子♪

  • ダッフィーのぬいぐるみ
    ダッフィーのぬいぐるみ

    ツイッターより めろ 届いたダンボールをわくわくで開ける娘の顔が忘れられない...こうして大切にしてもらえるのってすごくいいなあって娘みててむちゃくちゃ思った!

  • すみっコぐらし しろくまのぬいぐるみ
    すみっコぐらし しろくまのぬいぐるみ

    インスタより ちびこま にこっとさんから当選連絡をいただいていた『BIGサイズすみっコぐらし しろくま』が届きました!ツンデレな娘なので反応は控えめですがとても喜んでいました♪

にこっとの寄付事例を
もっと見てみる
福島県から寄付して頂いたぬいぐるみ

福島県や全国から、セカンドライフに寄付して頂いたぬいぐるみの写真を、できる限り公開しています。

寄付して頂いた皆様が、想いを込めてお送りいただいたぬいぐるみ達を、全ては無理ですが、少しでも写真という形で残してあげたいと考えています。 また、これから、ぬいぐるみを寄付して頂く皆様への、梱包などの参考になればうれしいです。

福島県から、どんなぬいぐるみが届いているのか。お時間あれば、ぜひご覧になって下さいね

>> 福島県から寄付された「 ぬいぐるみ 」を見てみる

2) 企業/団体様との寄付活動

企業、団体様と一緒に行った
寄付プロジェクトを紹介します。

ぬいぐるみの寄付 | 福島県 | 地域・海外寄付活動

NPO法人グッドライフが協力させて頂いたプロジェクトの一部をご紹介させて頂きます。
情報公開できない案件も多く、全ての活動をブログにして掲載することはできませんので、 一部ではありますが、福島県内の企業様/団体様に、興味を持っていただけたり、参考にして頂けましたら幸いです。

  • 257人のサンタクロース
    257人のサンタクロース

    パナソニックセンター 様ボクもワタシもサンタになって、必要とする次の誰かにプレゼントをしよう。寄付されたぬいぐるみは、次の持ち主に届けられ、ワクチン募金で世界の子ども達の命を救います。クリスマスの特別案件にご協力させて頂きました。

  • ぬいぐるみ x ヘルストロンの白寿プラザ様
    ぬいぐるみ x ヘルストロンの白寿プラザ様

    ハクジュプラザ 様ヘルストロンのハクジュプラザ様は、ヘルストロンを体験しに来店された方々とのコミュニケーションの一環として寄付を実施されています。カバン・絵本などの寄付も過去に行っていただきました。今回は、ぬいぐるみを寄付して頂きました。

  • 供養されたぬいぐるみ達の寄付
    供養されたぬいぐるみ達の寄付

    セレモニーサポート・オンリーワン協同組合 様神奈川県のセレモニーサポート・オンリーワン協同組合様では、地域のお客様から寄せられたお人形やぬいぐるみなどを、気持ち良く送りだせるように、葬儀会館にて「人形供養祭」を、定期的に開催されています。人形供養祭にて、供養されたお品の内、まだ遊べる状態のたくさんのぬいぐるみ達をセカンドライフに寄付して頂きました。

  • 笑顔を運ぶランドセル
    笑顔を運ぶランドセル

    フィリピンのダバオ市 児童施設 様フィリピンのダバオ市にある児童施設に、ランドセルや文房具やおもちゃを寄付させて頂きました。子供たちは、はじけるような笑顔で、とても喜んでくれました。

セカンドライフの寄付事例を
もっと見る
私たちの活動に興味を持って頂いた方へ
・NPO法人グッドライフとコラボレーションして、笑顔を生み出す活動がしたい。
・学校の授業や卒業研究の参考になる話が聞きたい。

などのご要望のある福島県内の企業様/団体様は、お気軽に問い合わせください。

問い合わせする

福島県より、寄付して頂きました。

セカンドライフに、福島県の皆様から送って頂いたぬいぐるみやその他の商品達をご紹介します。

セカンドライフには、毎週、たくさんのお荷物が届きます。 福島県を含む、全国からお送り頂いた、沢山のお荷物です。

ぬいぐるみだけではなく、古着、おもちゃ、絵本、お人形、食器、キッチン用品、文房具、ランドセル、車いすなど、 多種多様なものが、沢山、寄付されてきます。 まだ綺麗なもの、良い状態のものもたくさん寄付されてきます。

段ボールに詰めたり、発送するお手間を取って頂き、セカンドライフに寄付して頂いた、 福島県の皆様、本当にありがとうございます。 私たちも、その思いに少しでもお答えできるように、毎日の仕分け作業をコツコツと頑張ってまいります!

残念ながら、時間の関係で、全てのお写真は撮影できないため、 ほんの一部ではありますが、福島県から送って頂いた商品たちのお写真を撮影して掲載させて頂いております。 今後、ぬいぐるみなどをお送り頂く皆様に、興味を持っていただき、参考になれば幸いです。

  • 福島県いわき市より
    福島県いわき市より

    2022/08/03赤色のランドセルを送っていただき、ありがとうございます。 その他にも、未使用の鉛筆や文房具類をいただきましたので、ランドセルと一緒にお子様にお届けして、しっかり活用していただきますね。 ぬいぐるみやお洋服など、すべてきちんとリユースさせていただきますね。

  • 福島県福島市より
    福島県福島市より

    2022/07/17色々な香水を送っていただき、ありがとうございます。 種類がたくさんありますので、色々な香りがするのでしょうね。 お好きな方にお届けできると、楽しんでいただけますね。 その他にも人形が作れる手芸キットや、メリーゴーランドのデザインのキレイな青色の置時計などもあります。しっかりリユースさせていただきますね。

  • 福島県いわき市より
    福島県いわき市より

    2022/07/13サンリオのポムポムプリンや、にわとりの親子のぬいぐるみを送っていただき、ありがとうございます。 まん丸で可愛いですね。ひよこはバナナになっています。面白いです。 その他プーマの白色と黒色のスニーカーをいただきました。未使用品です。しっかり次のかたにお届けさせていただきますね。

  • 福島県相馬市より
    福島県相馬市より

    2022/07/13クマの帽子をかぶったミニオンズや、ぐでたま、クレヨンしんちゃんのシロなどの、ぬいぐるみを送っていただき、ありがとうございます。 その他にも、妖怪ウォッチの取っ手付きのコップや、アンパンマンなどの絵本などもいただきました。お子様にお届けして、楽しく遊んでいただきますね。

最近、セカンドライフに届いた
その他の福島県からの寄付を見る

福島県から頂いた「お客様の声」

福島県のみなさまからのご意見を
ご紹介させて頂きます

セカンドライフに、ぬいぐるみや古着などを送っていただく際に、コメントや、メールや、お手紙などで、沢山のお声を頂きます。 福島県を含む、全国から頂いた、色々なご意見や、お声、ご支援、お叱りの声を、ご紹介いたします。

ポイント
全て、お客様から頂いたお声のままなので、セカンドライフに寄付することに、不安を感じておられる福島県の皆様に、 実際のお声を知って頂ける機会になればと思います。そしてこれから、福島県より、ぬいぐるみを寄付して頂く皆様が増えれば、とてもうれしく思います。

  • 福島県福島市 K 様

    大切に使用してきた物ですが、サイズが合わなくなってしまいました。どなたか使って頂ける方がいらっしゃれば有り難いです。

  • 福島県福島市 S 様

    先日寄付させていただいた際に入れることができなかったので再度申込ます。 タコ焼き機とガスコンロをお送りします。 よろしくお願いします。

  • 福島県岩瀬郡 K 様

    とても古いお雛様ですが、娘のものなので、処分を躊躇っていました。セカンドライフの事を知り思いきって申し込みしました。

  • 福島県いわき市 H 様

    いつもお世話になっております。 今回も宜しくお願い致します。

  • 福島県白河市 N 様

    古着のほかに、毛布、子供のおもちゃ、絵本等も送付させていただくかと思います。

  • 福島県安達郡 W 様

    捨てるのは気が引けたので、他の誰かの手に渡ってくれればと思いお送りしました。

  • 福島県福島市 Y 様

    子供がサイズアウトした服を寄付させて頂きたく、宜しくお願い致します。

  • 福島県福島市 K 様

    お世話になります。 東北の度重なる地震の為に家を解体することとなり、整理をしております。 まだ利用できる物、思い入れのある物など、セカンドライフ様に託したいとかんがえました。 よろしくお願い致します。

  • 福島県須賀川市 Y 様

    木製の三段飾りのお雛様です。 見て頂ける場所へ寄付させて頂きたいです。

  • 福島県白河市 S 様

    羽子板も日本人形も思い入れがあっただけに中々手放せず年数が経ってしまってますが ご供養宜しくお願い致します。

最近、セカンドライフに頂いた
福島県の皆様の声を見る

3) 私たちがお手伝いできること

「私たちができる事」について、
ご紹介させて頂きます。

ぬいぐるみの寄付 | 福島県 | こんな活動もしています

SDG's/CSRの活動に関して、企業、学校、各種団体様から、お問い合わせや、取材、コラボレーションのご依頼を良く頂きます。

私たちは、NPO法人ですので、私たちのミッションの一環として、私たちにできる事の範囲で、できるだけご協力させて頂いております。

私たちが、ご協力できる事
  • > 企業様のCSR活動への助言やお手伝い
  • > 各種イベントへの助言やお手伝い
  • > 在庫商品の受け入れと寄付活動
  • > 寄付を希望される団体様への対応
  • > 学生さんの授業、ゼミへのご協力
  • > ボランティア活動へのご協力

小さい活動でも、大きな活動でも、私たちのできる範囲で、ご協力させて頂きますので、お気軽にお問合せ下さい。

福島県内の企業様に限らず、子供会、ボランティア団体、学生グループなど、規模や人数は問題ありません。 「 世の中に笑顔を増やす活動を行いたい。」という同じ思いの皆様からのお問い合わせには、私たちもできるだけ丁寧にお答えさせて頂きます。

SDG's / CSR に、ご協力致します。

私たちの得意とする「寄付の見える化」を通じて、SDG's / CSR にご協力させて頂きます。
例えば、福島県内の企業様から、在庫品や、寄付品などをお送りいただいた場合、ご希望に応じて、 社内外で、ご利用いただけるように、「 リサイクル証明書 」を発行させて頂いております。

■ リサイクル証明書


共同で実施するような大きなプロジェクトの場合などは、寄付先の情報やお写真などのレポートをお出しする場合もあります。

■ リサイクル・レポート

コラボレーション活動を希望される皆様へ
希望される内容、時期、場所などを、お知らせ頂ければ、担当者より返答させて頂きます。

構想段階などでも問題ございませんので、ご要望のある方は、お気軽に問い合わせください。

問い合わせする

サステナブルを
もっと身近に

最近よく耳にするサステナブル( Sustainable ) とは、
持続できる、耐えうるという意味です。

限られた資源で、私たちがずっと暮らしていくために。
できることから始めてみませんか?

サステナブルな活動に向けて

私たちの便利で豊かな生活の背景で、地球が生産できる資源やエネルギーの限界をすでに超えている(貯蓄でまかなっている)状態が続いています。

特に日本では、1年間で4,274万t(東京ドーム約115杯分)ものゴミを排出しており、仮に、世界中で日本のようなの暮らしを始めたならば、地球が約2.4個も必要になります.

豊かな暮らしを続けていくために・・・

このサステナブルが使われていて、多くの企業や団体が取り込み始めている 「SDGs( Sustainable Development Goals )」とは、持続可能な開発目標という意味で、2015年9月の国連サミットで採択されました。

2016年から2030年の15年間に、国連加盟国の193か国が、達成する目標を掲げた世界中で取り組まれている、指標です。
SMILE from SDGs
- 笑顔につながるSDGs -

私たちの SDGs に対する標語です。
どのような活動を行っても、最終的には、「世界のどこかで誰かの笑顔に繋げたい。」 という気持ちを込めて、標語を作成させて頂きました。

私たちは、2011年の事業開始より、不要品の再利用を通じて、身の回りのごみを減らし、世界のどこかで小さな笑顔を産み出す事 を、目標に掲げて、毎日の小さな仕分け作業を頑張ってきました。

世の中が、サステナブルな活動に目を向けることは、私たちにとって、とても嬉しいことです。

SDGsの期間が終わった後でも、私たちは、SDGsが始まる以前と何も変わらず、個人、企業様の不要品の再利用を通じて、 サステナブルで、笑顔があふれる活動を、コツコツと継続していきます。

私たちの思い
私たち大人の行動を見て、次の世代の子ども達の価値観は、創られていきます。

身の回りのゴミの分別、不要品の再利用( リユース/リサイクル )を行うことで、今すぐに地球環境が、劇的に良くなるわけではないかもしれません。
それでも、私たちは、目の前の小さなリユースを大切にして、その結果、生まれてくる1つ1つの笑顔を大事にしていきます。 その先に、少しでも世の中に良い影響を与えることができると、私たちは信じています。

セカンドライフが選ばれる理由

    • ほぼ100%リユース
      ほぼ100%リユース
    • 「」だけではなく、家庭内のほとんどの物を選別し、できる限りリユース・リサイクルしています。
    • ワクチン募金
      募金活動
    • 「」の処分のお申込み1箱につき1件のポリオ・ワクチンの募金になります。
    • ご自宅まで集荷
      自宅まで集荷
    • 「」は、箱に入れるだけです。専用伝票で、ご自宅まで集荷に伺います。
    • コミコミ価格
      コミコミ価格
    • 「」をお送り頂く際の費用には、宅配便の送料・消費税・ワクチン費用・作業費が含まれています。
    • 安心の供養体制
      自宅まで集荷
    • ご希望により「」の供養を行っています。毎月2回、合同供養祭を開催しています。
    • 寄付の見える化
      コミコミ価格
    • どんなものが、寄付されているの?こんな場所で再利用されているの?という疑問にお答えする取り組みです。

1)ほぼ100%リユース

ご家庭内の不用品は、
できるだけ丁寧に仕分けて、
ほぼ100%リユースしています

日本には、まだ使えるのにゴミとして処分されてしまうものがたくさんあります。こうした不要品のほとんどは、丁寧に仕分けを行うことによって、海外でリユースすることができます。

ポイント
ぬいぐるみの寄付で、お申込み頂いた場合でも、他のものを一緒に入れて頂いても問題ありません。

例えば、食器/キッチン用品、衣類、おもちゃ、文房具、ランドセルなどを、同じ箱に詰めて送って頂くことができます。ぬいぐるみなどの商品が到着した後に、セカンドライフのスタッフが丁寧に仕分けさせて頂きます。

どうしてもリユースできないものは、古紙・古布・木・金属などに分別して、資源としてリサイクルに出しています。梱包資材以外のゴミは、殆ど発生しません。

セカンドライフで引き取れるぬいぐるみ

  • OKリユース可能

    次に使うお子さまが安全に遊べるもの。現地で必要に応じてクリーニングを行いますので、落書きや汚れ程度でしたら問題ありません。

  • NGリユース不可

    リユース=次の方に使ってもらうことが前提のため、「お顔や手足がとれてしまったもの」や「カビが生えたり、すごく汚れてしまったもの」などは、リユースができません。

2) ワクチン募金

福島県からのぬいぐるみの寄付が、
子供たちのワクチン募金になります

サービス開始から今日までに、福島県を含む、日本全国の多くの皆様からのご寄付数に応じて、ワクチン募金として海外の子供たちにお届けしてきました。

NPO法人グッドライフでは、少しづつでも、より多くの方の気持ちを集めてぬいぐるみなどの寄付を行いたい。という思いから、 寄付して頂いた箱数に応じて、一箱につき途上国の子供一人分のポリオ・ワクチンの支援を行っています。

福島県から、セカンドライフにぬいぐるみを寄付して頂くことが、子供達を救うための募金活動にもなります。


福島県から、沢山の寄付を頂いております。
今までに、のべ 5,555名の方から、 約 9,110 箱の寄付商品を寄付して頂きました。

福島県で寄付と募金にご協力頂きましたみなさま、本当にありがとうございます。 今後も、この活動を継続していくことで、「ゴミを減らす寄付活動が、募金にもなる」事を、1人でも多くの皆さまに知って頂き、参加して頂ければと思います。

募金実績について
詳しくみる

私たちの活動を応援して頂けませんか?

我々の活動に対してのご支援金 ( = 募金 )も受け付けております。少額でも構いませんので、ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
皆様からの寄付金が、国内外で笑顔を生む出す活動に繋がります。

日本でも昭和30年代に大流行したポリオ(急性灰白髄炎)とは、主に5歳未満の小児が罹かる疾患です。

強い感染力を持ち、1人でも感染した小児がいれば、すべての国の小児にポリオへの感染の危険が生まれます。

最後に残った常在国からポリオを撲滅することができなければ、10年以内に毎年20万人もの新規患者が発生する可能性が生まれます。

また、ポリオに治療方法はなく、唯一できる方法は予防です。
引用:厚生労働省HPより

3)ご自宅まで集荷に伺います。

郵便局の「集荷専用の伝票」で、
ご自宅から、ラクラク発送

たくさんの寄付商品がある場合など、郵便局や宅配便の会社に持ち込むのは大変ですよね。

セカンドライフの場合、お申込頂いた住所に「 ゆうパックの専用伝票 」をお送りさせて頂きますので、 ご都合の良い時間に、ご自宅から集荷依頼をするだけで発送が完了します。 集荷の際、配送料の支払いは発生いたしません。お申込料金に配送料が含まれているためです。

お急ぎの場合は、ご自分で伝票を記載して頂き、元払いでお送りいただくことも可能です。

ここが嬉しい!
  • 1.自宅にいながら発送できる
  • 2.伝票を書かなくて良い
  • 3.集荷時に現金の準備は不要
  • 4.郵便局に持ち込むのもOK

「 お申込の流れ 」です。

  • STEP
    ホームぺージからお申し込み
    お送り頂く箱数や、お届け先をご入力ください。
  • STEP
    ご自宅に専用の伝票が届く
    ご案内のパンフレットと伝票をお送りします。
  • STEP
    最寄りの郵便局へ集荷依頼
    集荷時に現金のご準備は不要です。
  • STEP
    お申し込み料金のお振込み
    実際にお送り頂いた荷物の箱数分、お振込みください。

4)コミコミ価格で安心

お申込み料金に含まれるもの

お申込み料金には、「お荷物の送料」「ワクチン募金」「活動費」が含まれています。 約80%-90%が送料で、そこからワクチン募金を引いた差額が、活動費となります。

活動費は、仕分作業や、写真撮影などの広報作業、国内寄付の活動費に充てています。

  • 荷物の送料
  • ワクチン募金
  • 活動費

「 リユースの流れ 」をご説明します

  • STEP
    仕分け・清掃・梱包作業
    20項目ほどの種類別に仕分けます。
  • STEP
    海上コンテナへ荷積み作業
    1度に約8トンの荷物を積み込みます。
  • STEP
    船に乗せられ各国へ出発
    時には4mもの高波を超えながら諸外国へと向かいます。
  • STEP
    現地の人々の元へ届く
    フィリピンの場合、約1か月で到着します。

5)安心の供養

毎月2回、供養祭を行っております

ぬいぐるみの供養 | 宮城県 | 供養について

ご希望に応じて供養も行っています。 毎月2回、セカンドライフが主催する合同供養会にて、希望者のお品物を供養させて頂いております。 供養後のお品物は、通常の流れでリユースしています。

供養については、保管とご祈祷のための料金を別途頂いております。 詳しくは、下記をご覧ください。

供養料金について

供養なしの場合

メニューお荷物のサイズお申込料金
リユース中箱120cmまで2,100円
リユース大箱160cmまで2,600円

供養する場合 ※ 供養代金として +1,000円

メニューお荷物のサイズお申込料金
供養中箱120cmまで3,100円
供養大箱160cmまで3,600円


供養について
詳しく見る

6)寄付の見える化

NPO法人グッドライフは、寄付の見える化に取り組んでいます。

私たちは、寄付して終わりではなく、 寄付されたぬいぐるみが、どのように活用されているのか?を、 できる限り、お写真や文章などで、ご報告できればと思っています。

「見える化」というのは、いろいろな分野で進んでいますが、 私たちは、「寄付の見える化」に対して、真摯に取り組んでいこうと考えています。

Smile from SDGs

SDGsという言葉は、日本にかなり根付きましたが、 実際に、SDGSへ取り組まれている方は、まだまだ少ないように思います。

私たちは、寄付と笑顔を通じて、SDGsに関わっています。
企業様、団体様、学生さん、その他、寄付とSDGs に興味のある方は、ぜひご連絡をお願い致します。
私たちのできる事には限りがありますが、その中で、できる限りのお手伝いを行わせて頂きます

よくある質問

  • 申込後の流れを教えてください。

    セカンドライフより、集荷伝票をお送りしております。2~3営業日で、到着しますので、荷物を梱包してお待ちください。

  • 集荷伝票とはなんですか?

    発送元、発送先が事前に印字された伝票です。シールになっていますので、お荷物に貼りつけて郵便局員さんにお渡しください。

  • 何箱になるかわかりません。

    確定ではない場合は、少し多めにお申し込みください。実際に使った分だけお支払い頂ければ問題ありません。使わなかった伝票は、ご廃棄下さい。

  • 梱包したらサイズが変わりました。

    160cm以内でしたら、同じ伝票でお送り頂けます。実際にお送り頂いたサイズ分をお支払い頂ければ問題ありません。

  • 160サイズを超える荷物はどうなりますか?

    こちらからお送りする専用伝票では、集荷ができませんので、元払でお送り頂いております。サイズオーバーのお荷物より、お申込み下さい。

  • 支払はいつすればよいですか?

    梱包後にサイズが変わることがよくあるため、発送後、もしくは荷造りが済んでからお支払いをお願いします。

  • 振込用紙がありません。

    振込用紙はお送りしておりませんので、メールもしくは伝票と一緒に届いたパンフレットに記載の口座へお振込み下さい。

よくある質問を
詳しく見る

全国のどこからでも、
ぬいぐるみをお送り頂けます

専用伝票なので、日本全国どこでも、
ぬいぐるみの集荷が可能です。

福島県から、セカンドライフへ、ぬいぐるみを送って頂くには、ゆうパックの専用伝票を使っています。 お近くの郵便局から、集荷に伺いますので、日本全国どこからでもぬいぐるみを発送していただけます。

福島県のどこからでも、全国一律のコミコミ価格ですので、安心してお申込みください。

福島県の市区町村で処分をお考えの方へ