セカンドライフロゴ お問い合わせ お申し込み

認定 NPO法人グッドライフは、寄付の見える化に挑戦中!

セカンドライフロゴ お問い合わせ

認定 NPO法人が、寄付の見える化に挑戦中!

2024年05月23日 更新
寄付の見える化について

寄付の見える化について

セカンドライフの目指す「寄付の見える化」の流れについて、5つのステップで説明します。

セカンドライフの目指す寄付の見える化とは?

セカンドライフを運営するNPO法人グッドライフは、寄付の見える化の仕組み創りを進めています。このページでは、寄付の見える化でやりたい事を、5つのステップに分けてご紹介していきます。

寄付の見える化とは?

見える化 ( = Visualization )という言葉は、1988年にトヨタ自動車の岡本渉氏が、ご自身の論文である「生産保全活動の実態の見える化」の中で、初めて使った言葉です。

見える化とは、企業の中の活動を図や数字や写真などを使って「視覚的に分かりやすく」して、「関係者で共有」できる仕組みのことです。

感覚的に捉えていた問題や課題を客観的に捉えやすくなるという特徴がありますので、今では、農業や漁業など、様々な産業で利用されています。

寄付に関しては、対象範囲が広いため、見える化が難しい分野であり、寄付の見える化はあまり進んでいないのが現状だと、私たちは思っています。

私たちは、2011年から歩んできた寄付業界のパイオニアとして、寄付の見える化の仕組み創りを、組織の目標として行って行きます

寄付の見える化の全体の流れです。

私たちの考える、寄付の見える化の全体の流れ図です。
次の章では、5つのステップを1つづつ、説明していきます。

セカンドライフの目指す「寄付の見える化」の流れ

寄付の見える化の5つのステップ

寄付の見える化の5つのステップについて、各ステップを細かく説明していきます。

1)問題の見える化

寄付の見える化 ステップ1 問題の見える化

世間に埋もれている問題を、'見える化'して、世の中に公開します。
世界中で、色々な問題や課題が存在します。まずは、目に見える形にすることから、解決に向けて動き始めます。

2)世の中の問題を知る

寄付の見える化 ステップ2 世の中の問題を知る

'問題を知る' 事で、自分の不要品が、誰かの必要品だと知ります。
見える化された問題を目にした時、自分ができる事を知ります。まだ使えるけど、自分にとって必要でなくなった不用品を必要としている人がいると知る事で、問題が解決できる可能性が生じます。

3)感謝の見える化

寄付の見える化 ステップ3 感謝の見える化

届いた寄付品への感謝を、'見える化' することで、喜びは何倍にもなります。
問題を知った人の行動により、自分の元に届いた支援品が届きます。寄付に対する喜びは、届けてくれた支援者に感謝を伝える事で、より高いレベルの喜びになります。

4)笑顔の循環を知る

寄付の見える化 ステップ4 笑顔の循環を知る

'笑顔の循環' を知る事で、寄付の可能性を知り、自分も行動したくなります。
世界のどこかで誰かに届いた寄付品が、第2の人生を歩む様子を見る事。また、寄付した人にも喜びが届いたことを知る事で、それを見る人達に、新たな笑顔が生まれます。

自分も寄付の輪に参加しようという気持ちが生まれます。

5)寄付の見える化

寄付の見える化 ステップ5 寄付の見える化

自分や周りの問題を、'寄付の見える化'の輪 に参加して解決します。
誰かが、不用品の寄付を通じて笑顔になれた( = 問題を解決できた )と知る事で、自分も誰かの問題解決の手助けをしたいという気持ちや、自分の問題も目に見える形にしたいという欲求が生まれます。

そして、感謝の輪が、さらに広がっていきます。

寄付の見える化の具体的なアクション

セカンドライフが寄付の見える化を進めるために実施している具体的なアクションについて、1つづつご説明させて頂きます。

寄付品の写真撮影と到着連絡

到着した寄付品のお写真を撮影して、ホームページに掲載しています。
ホームページを見て寄付のお申込みを行って頂いた方々のお荷物が到着した際に、必ずメールでご連絡差し上げています。寄付品がちゃんと到着したことを知り、ご安心頂くためです。

次に、到着したお荷物の仕分けを行う際に、お写真を撮影しています。撮影したお写真に簡単なコメントを入れたものを、ホームページで公開しています。そのページは、寄付者の方にメールでお送りさせて頂いております。
※以前は、全てのお荷物のお写真を撮影していましたが、作業量増加のため、現在は一部のみとさせて頂いております。

写真には労力とコストがかかりますが、私たちはサービス開始当時よりずっと継続して写真撮影を行っています。撮影を継続して実施している理由は下記になります。

  • 寄付品の記憶を少しでも残してあげたいため
  • 寄付者の方にご安心頂くため
  • これから送って頂く方への参考
  • 支援品の集まり状況を知るため

リサイクル証明書

企業様向けのサービスとして、リサイクル証明書を発行させて頂いております。
これは、企業様からのお荷物が無事に到着し、セカンドライフがきちんと受領しました。という事を、証明するための資料です。

社内決済や社内回覧、報告書などにご利用いただける資料です。

にこっと

にこっとは、SNSを利用した里親探しのサービスです。
寄付されたお品物を手にして喜んでいる人たちのお姿を、寄付して頂いた方に見て欲しいと思い、立ち上げたサービスです。

寄付してくれた人、寄付された人、それを見ている人が思わず、'にこっと'なれるサービスを目指しています。

活動事例

国内・海外にセカンドライフから寄付を行った事例、企業から寄付して頂いた事例、各種団体、自治体などとコラボレーションした事例、学生さんへの講演やディスカッションなどを、記事としてまとめています。

セカンドライフと、各種団体様・個人様とのコラボレーションには、色々な形がありますので、わかりやすく見て頂ければと思い公開させて頂いております。すべての案件は公開できませんので、一部のみ抜粋して公開しています。

World Donation Report

World ( 世界各地からの ) Donation ( 寄付の ) Report ( 報告書 )は、世界の各地の問題を現地サポーターさんにご報告して頂いたレポートです。世界のどこで、どんな問題が起きていて、何を支援する事でその問題が解決できるのか?を、まず知るためのレポートになります。

このレポートから、核問題の支援のために具体的に必要な支援品のリストが生まれて、セカンドライフのホームページ上に公開されていきます。それを見た支援者さんからの寄付品もホームページで公開しています。

そして、その寄付品が現地に届き、使われている様子をまたお届けしていきます。

下記は一例です。

著者 WRITER
監修者 REVIEWER
の情報

WRITER NPO法人グッドライフ NPO法人グッドライフのロゴです

ホームページ : https://goodlife-npo.org/

NPO法人グッドライフは、不用品のリユースを通じて、世の中の課題解決を行う事を目的としたNPO法人です。不用品を笑顔につなげるためのサービス、セカンドライフ、にこっとを運営しています。「寄付の見える化」に挑戦中です!

運営

NPO法人グッドライフ

NPO法人グッドライフロゴ

〒575-0021

大阪府四條畷市南野6-10-11

お問い合わせ

お申込み

友だち追加

Copyright © 2010 SecondLife All Rights Reserved.