セカンドライフロゴ お問い合わせ お申し込み
セカンドライフロゴ 申 込
2024年02月02日 更新

いらない服・古着を寄付したい方へ。貧困家庭・児童養護施設・発展途上国へ洋服を届けます

まだ着れる洋服やまだ使えるバッグなどを、もう一度使ってくれる里親さんにお届けして、世界中に1つでも多くの笑顔を届けるための寄付活動を行っています。

12年間活動を続ける安心のNPO法人運営。年間100万着以上の古着が寄付されています。
寄付された洋服がどのように活用されているか写真でも公開しています。
※お写真は、全て実際の寄付活動です。

いらない洋服・古着を寄付したい方へ

いらない洋服・古着をNPO法人に寄付しませんか?
いらない洋服・古着をNPO法人に寄付しませんか?

当サイト「セカンドライフ」は、NPO法人運営です。寄付された古着をリユース/リサイクルする活動を始めてから、今年で12年目を迎えます。

「 古着のリユースを通じて、笑顔を増やす」ためのプラットフォームとして、活動すること。
それが、セカンドライフを運営するNPO法人グッドライフの組織としての目的です。
セカンドライフには、毎年数十トンの古着/衣類が届きます。

セカンドライフのスタッフは、寄付された古着を、次に大切にしてくださる方の元に届いて、幸せな第二の人生(セカンドライフ)を歩めるようにと、
日々の作業の中で、できるだけ丁寧に、古着やバッグ/シューズなどの衣料品の仕分けを行っています。

もし、もう使わなくなったお洋服などの古着の寄付を検討されているなら、
ぜひ、セカンドライフを通じて、世の中に笑顔を増やす活動にご参加下さい。

スタッフ一同、楽しみにお待ちしております。


寄付いただいた古着の写真を公開しています

寄付いただいた古着・洋服
寄付していただいた古着・洋服を公開しています
セカンドライフでは、寄付品の古着/衣類が、到着した際に写真撮影を行っています。
撮影した古着のお写真は、寄付者の方にメールで送信させて頂いた上で、1人でも多くの方にご覧いただけるように、ホームページで公開しています。
想いを込めて送って頂いた古着の様子を、少しでも記憶に残してあげたいという気持ちと、
これからお荷物を送って頂く方への参考になればという思いから、実施しています。
全てのお品物の写真を撮りたいのですが、時間気に無理なので、一部のみ撮影させて頂いております。


お洋服などをお譲りした里親さまからも、毎月、素敵なコメントや笑顔がたくさん届いています。
本当に可愛いお写真、微笑ましいお写真なども多く、子供たちの屈託のない笑顔には、思わず微笑んでしまいます。

私たち、セカンドライフのスタッフも毎月、感動して癒されています。
お写真を送って頂いた皆様、本当にありがとうございます。

このホームページ内で利用している写真は全て、里親さんから届いたものか、到着時に撮影したものか、海外への寄付時に撮影されたものです。

まだご覧になっておられない方は、ぜひ一度、ご覧になって下さいね。

古着の寄付が、1つでも多くの笑顔が生まれる機会になれば、私たちは、心より嬉しく思います。

洋服・古着を箱に詰めて送るだけで寄付できます

箱に詰めて送っていただくと寄付できます
箱につめて古着・洋服を送っていただければ寄付ができます

私たちNPO法人グッドライフ(セカンドライフサイトの運営元)に、古着・いらない服を箱に詰めて送って頂くだけで、あなたの代わりに発展途上国や日本国内の貧困家庭に寄付することができます。

古着・いらない服の処分方法として、可燃ゴミで捨てる事や、古着店の買取、フリマアプリなどの手段があると思います。

日本では毎日のように大量のゴミが排出されており、家庭内にある不用品の90%が再利用が可能と言われています。
この90%を必要としている人に届けるだけで、世界のどこかで笑顔が生まれます。

古着・いらない服の処分を考えてるのなら箱に詰めて送っていただけませんか?

私たちが丁寧に仕分けをして、発展途上国、一般の子供達、海外のママさんや孤児院など、古着・洋服を必要としている方々の元で、100%リユースさせて頂きます。

発展途上国・貧困家庭への古着の寄付事例

全国から寄付して頂いた古着・洋服は海外や国内で100%リユースしています。セカンドライフが行ってきた活動事例を紹介します。

・アフリカのザンビアへの寄付活動支援
・フィリピンの児童養護施設への寄付活動
・日本国内の貧困家庭の支援活動
・SNSで寄付品を届ける「にこっとプロジェクト」

NPO法人の運営のセカンドライフは、12年間の活動で全国の信用できる支援団体とのネットワークも築いています。

柔道着などの古着寄付|アフリカザンビア

ザンビアに柔道着・サッカー用品を寄付
アフリカザンビアの子供たちを柔道着・サッカー用品の寄付で支援
アフリカのザンビアの貧困地区出身の子どもたちへ、柔道着とサッカー用品を寄付を行いました。
柔道着やサッカー用品は今でも募集をしています。

アフリカザンビアでは、日本の柔道が人気です。ザンビアでは、柔道をして黒帯を取れれば、警察や軍、自衛隊へ優先的に就職できることから、貧困世帯の子供が安定した生活を手に入れることができます。
貧困地帯出身の子供にとって、家族や親戚を支えることは大きな夢です。

経済的理由や、孤児または親の貧困などにより学校へ行くことのない子供を集めて柔道を教え、薬物や盗みなどから興味をそらせるという副次的な効果もあります。

以上のように柔道は、アフリカ・ザンビアの貧困家庭の子供たちにとって、未来をつなぐ希望の1つなのです。
しかし、柔道をやるにも、柔道着が足りません。

そこで、セカンドライフでは柔道着の寄付を行い、ザンビアの子供たちを支援しています。

児童養護施設に寄付|フィリピン

フィリピンの児童養護施設へ寄付
フィリピンの児童養護施設へランドセルと文房具を寄付

2020年の9月に、フィリピンの児童養護施設へランドセルと文房具を、100名を超える子供たちに寄付させて頂きました。
中には、それぞれ文房具を入れて、喜んでくれる顔を想像しながら、スタッフ一同で準備させて頂きました。

その中で、児童養護施設の子供たちのお写真を掲載させて頂きました。
みんなランドセルと文房具をもらって、とても喜んでくれました。

児童養護施設の小学生達は、ランドセルを背負って、みんな元気いっぱいに登校していきます。

子供服を寄付|貧困家庭への支援

シングルマザーさんへの寄付支援
シングルマザーさんに、衣料品・絵本・ぬいぐるみ等を寄付させて頂きました

「シングルマザーです。
3歳の女の子と、現在妊娠6ヶ月です。
パートナーも居なく生活が大変で子供に何も買ってあげれません。
もし宜しければ寄付していただけないでしょうか?」

寄付のご依頼を頂いた場合に、生活に困っておられて、寄付品を、本当に必要としているのか?という審査を行わせて頂きます。その後、希望される商品の在庫がある場合に、ご支援を行わせて頂いております。

日本の子供たちに洋服を届ける|にこっとプロジェクト

洋服・古着の寄付
一般家庭に洋服・古着を届ける支援活動'にこっと'

国内向けの子供服のリユースの一部は、「 にこっと 」というサービスで、SNSやホームページなどを通じて、里親さん( = また、子供服で遊んでくれる人 )を、募集しています。

にこっととは、NPO法人グッドライフが行っている日本国内の一般家庭・貧困家庭への支援プロジェクトです。

洋服・古着などをお譲りした里親さまからも、毎月、心温まるコメントや可愛い笑顔がたくさん届いています。
本当にかわいいお写真や、喜んで頂いている様子の分かる写真なども多く、特に子供たちの心からの笑顔には、胸が温かくなります。私たち、セカンドライフのスタッフも毎月、感動して癒されています。
お写真を送って頂いた皆様、本当にありがとうございます。

このホームページ内で利用している写真は全て、里親さんから届いたものか、到着時に撮影したものか、海外への寄付時に撮影されたものです。まだご覧になっておられない方は、ぜひ素敵なお写真をご覧になって下さいね。

いらない服・古着でワクチン募金

セカンドライフにお送り頂いた1箱につき、2件のポリオワクチンを、発展途上国の子供たちに寄付しています。

ご不要になった古着を寄付して頂くことが、
病気で苦しむ子供たちへのワクチン募金になります。

古着 x ワクチン募金

古着の寄付1箱につき、
2人分のワクチンが寄付されます。

古着を捨てずに寄付する事が、
子ども達の命を救うワクチンになります

総募金数 ( 2011年から現在 )
262,875 人分

古着の寄付の
お申し込みはこちら

ワクチン募金の仕組み( 流れ図 )

古着・いらない服の寄付がワクチン募金になる仕組み【 古着・いらない服の寄付が、誰かの笑顔になり、ワクチン募金にもなります 】

寄付できる洋服・古着、寄付できない洋服・古着

種類 説明

洋服

男性、女性、子供、スーツ、コート、肌着など、一般的なご家庭にあるお洋服です。

和服

着物、浴衣、下駄、和装小物、帯、作務衣、甚平などの、和装です。草履や帯などもお引き取り可能です。

バッグ、リュック、スーツケース、ランドセル、通学バッグなどの、バッグ類です。

スニーカー、革靴、長靴、サンダル、ブーツ、ハイヒールなどの、シューズです。

小物

財布、ベルト、帽子、ネクタイ、腕時計、アクセサリー、傘、マフラー、手袋、など、小物類です。

その他

スポーツウェア、水着、道着、作業着、制服、レインコートなど、衣料品は、基本的になんでも引き取り可能です。

引取できない古着
  • 破れている、すごく汚れているなど、「もう着れない古着」は、引取できません。

ノーブランドでも寄付できます

セカンドライフに届く多くの古着・洋服がノーブランドです。
ノーブランドだと処分に困る方も多く、セカンドライフへ寄付をご選択いただく方も多いようです。

いらない服・古着の寄付はNPO12年目のセカンドライフ

不用品の寄付を日本国内・海外へと12年続けてきました
不用品の寄付を日本国内・海外へと12年続けてきました

NPO法人グッドライフは、おもちゃ・古着・ぬいぐるみなどの不用品を、保育園、小学校、一般家庭、児童養護施設、児童館、海外の孤児院や支援団体に寄付する活動を12年間続けています。 活動スタート当時は、不用品の寄付活動を行う団体はほぼありませんでした。NPO法人が運営する安心のサービスとして、築いてきた寄付のネットワークは広範囲にわたります。
おもちゃを処分してしまうのも良いですが、ゴミを増やすのであれば、世界に1つでも笑顔を増やしてみませんか?

古着・洋服以外に鞄や靴、ぬいぐるみも寄付できます

不用品をフィリピンへ寄付
NPO法人グッドライフではぬいぐるみだけでなく、ランドセルや古着、おもちゃなど様々な不用品を寄付する活動を行っています。
家庭内にある不用品の90%は寄付が可能だと言われていますが、その多くが捨てられてゴミになっているのが現状です。

フィリピンの孤児院へ寄付
ランドセル・絵本・文房具・ぬいぐるみは世界で喜ばれます
私たちの活動は、捨てたい人と、欲しい人をつなぐ活動です。ゴミになってしまうものを、寄付に変え、笑顔を作る活動です。12年間続けた結果、累計30万人以上から寄付をしていただくことができました。

企業からも着物や制服も寄付されています

企業からの寄付
株式会社はなまる様から制服などを寄付いただきました

株式会社はなまる様のCSR活動の一環として、たくさんの制服を寄付して頂きました。

寄付して頂いた制服は、「 株式会社はなまる様 」で社員様が使用するためにご用意されたものです。

女性社員の制服制度を廃止する事に決まった時、「 廃棄するのはもったいない 」と考え、寄付という選択肢を選んで下さったそうです。

また、寄付先として、いくつかのサービスを検討した結果、素早い対応と社会貢献度の高さから、セカンドライフを選んでくださったそうです。

本当に、ありがとうございます。

古着・洋服の寄付へのお客様の声

セカンドライフに寄付いただいた方は累計で30万人です。
不用品寄付していただいたお客様の声をご紹介します。

古着・洋服の寄付に関してよくある質問

  • Q11どんな古着を、寄付できますか?

    A11「誰かにまた使ってほしい」と思える古着であれば、基本的に、どんな種類の古着でも、お受け取り可能です。お洋服、子供服、マタニティ、カバン( = バッグ )、靴 ( = シューズ )など、ぜひお送りください。

  • Q12受け取れない古着は、どんなものですか?

    A12破れていたる古着、破損しているカバン、かなり汚れているシューズなど、「次の方に気持ちよく使ってもらえないと」と判断できる古着は、お引き取りができません。

  • Q13故人の古着の供養を行っていますか?

    A13古着の供養も、行っています。毎月2回、合同供養会がございます。その際に、お荷物の種類を問わず、ご希望のお品物の供養を行っています。お申込みの際に、供養付きでお申し込みください。

  • Q14たくさんの古着があるのですが、問題ありませんか?

    A14古着の量が多くても、問題ありません。企業様からのご依頼で、トラックでの搬入の場合もございます。ご不明点は、問合せ、LINEなどから、お問い合わせください。

  • Q15無料で古着を送れますか?

    A15お客様の方で手配して、送料元払で、お送り頂ける場合、古着などを無料でお送り頂く事が可能です。その場合、追跡ができないため、到着連絡、ブログ掲載、ワクチン募金は、行われません。

  • Q16送った後、古着はどうなりますか?

    A16送って頂いた古着、バッグ、靴などのお品物は、スタッフが丁寧に仕分けてから、国内外の必要者の元へと出荷されます。国内向けの古着の一部は、里親様の顔が見えるように、写真などをアップしています。

  • Q17すごく大きなサイズの古着や、とても小さなサイズの古着は、寄付できますか?また、会社の制服など特殊な服も寄付できますか?

    A17サイズが大きくても、小さくても、古着を送付して頂くことが可能です。会社様の制服も、同様に、ご寄付頂く事が可能です。

  • Q18古着以外のものも、一緒に送れますか?

    A18はい、可能です。例えば、ぬいぐるみ、文房具、おもちゃ、人形、絵本、家電、車いすなど、ご家庭内や企業様内で、利用されていたお品物など、まだ使えるものであれば、お引き取り可能ですので、段ボールに同梱して、一緒に送って頂けます。

その他の質問を
詳しく見る

箱につめて送るだけで寄付。日本全国から受付中。

セカンドライフへ、寄付して頂くために、ゆうパックの専用伝票を使っています。 お近くの郵便局から寄付品がある場所まで、集荷に伺いますので、日本全国どこからでも、全国一律のコミコミ価格で、子供服を寄付できます。

全国から、古着を寄付できます。

著者 WRITER / 監修者 REVIEWER の情報

WRITER NPO法人グッドライフ NPO法人グッドライフのロゴです

ホームページ : https://goodlife-npo.org/

NPO法人グッドライフは、不用品のリユースを通じて、世の中の課題解決を行う事を目的としたNPO法人です。不用品を笑顔につなげるためのサービス、セカンドライフ、にこっとを運営しています。「寄付の見える化」に挑戦中です!

運営

NPO法人グッドライフ

NPO法人グッドライフロゴ

〒575-0021

大阪府四條畷市南野6-10-11

お問い合わせ

お申込み

友だち追加

Copyright © 2010 SecondLife All Rights Reserved.