大切なもの、処分したくないものに第二の人生
リユースを通じて、世界の人々に笑顔を届けます。

全国のご家庭で、不要になったものを国内外でリユースしています。 ご家庭にあるものの内、ほとんどは、まだまだ再利用できます。 不用品を寄付することが、日本や世界中のどこかに笑顔を届ける活動になります

セカンドライフとは?

日本には「まだ使えるのに、処分されてしまうもの」がたくさんあります。 こうした不要品のうち、90%くらいは、実はリユース可能なんです。

「モノを大切にしたい」という思いは、多くの方が持っておられますが、使う機会がなく、長期間保管していた。という方も多いです。

大切なもの、思い出のものは、大切に保管しておくことも一つの手段ですが、寄付に出すことで、第二の人生を与えるという選択肢も知って頂けると嬉しく思います。

セカンドライフに送って頂いた寄付品は、スタッフが丁寧に仕訳けて、必要に応じて、日本各地、世界各地へとリユースしています。
この活動を通じて、寄付して頂いた人々、寄付された人々の双方へ、笑顔をお届けします。


私たちは、NPO法人として、その輪の中心で、世界中に笑顔をお届けする活動を行っています。
また、私たちは「寄付の新しいカタチ」を創り出す事を目指しています。
寄付された品物たちのリユースされる様子を、写真や文章で、できるだけレポートすることで、寄付の見える化を目指します。

セカンドライフの3つのミッション

  • 1

    寄付リユースを通じて世界中の人々にたくさんの笑顔を届ける

    必要な物資を、必要な人々に届ける。一人一人が、ほんの少しのリユース意識をもつことで、日本の環境問題を減らし、日本や世界のどこかの場所で、物資を必要としている人々を笑顔にすること。


  • 2

    「相手の顔が見える」新しい寄付のプラットフォームを創り上げる

    寄付したものが、その後どのようにして第二の人生を歩んでいるのかを知りたい。寄付してくれた相手に感謝を伝えたい。SNSや、様々なメディアを活用して、そんな温かい思いをつなぐ、お手伝いをします。

  • 3

    企業・個人・社会に向けてリユースの意識を伝え寄付の文化を根付かせる

    不要になったもの、思い出のものを「処分する」のではなく「寄付する」という選択肢を、特別なことではなく、日常の習慣として日本文化に根付かせること。それが、私たちの役割です。


セカンドライフはこんな活動です

セカンドライフには、日本全国のご家庭や企業さんから宅配で寄付品が届きます。
寄付して頂いたものは、被災地や貧困地域、学校や福祉施設へお送りします。

セカンドライフの活動は、物資を必要としている所へ、必要なものを寄付するだけではありません。
お品物が第二の人生(セカンドライフ)を歩んでいる様子や、寄付先からの「ありがとう」を発信することで、「寄付の見える化」を目指します。

寄付先とは?

お子さま向けのものは、主にフィリピンやタイなどへお送りしております。
フィリピンやタイの子ども達は、日本のアニメキャラクターが大好きです。

食器などの日用雑貨や衣料品は、主にアジア諸国へお送りしております。
ご家庭にあるもののほとんどは、第二の人生を歩むことができます。

\ 寄付の流れについて /

もっと、詳しくみる

寄付先から届いた「ありがとう」の声

一般のご家庭や保育施設、学校などへ寄付します

寄付を希望される方へ

寄付先は、世界の貧しい国や災害にあった地域だけでなく、本当に大切にしてくれる方や、本当に必要としている方に、最後まで使って頂くことも、「ものを大切にすること」に繋がると、考えております。

ただし、全国の方々から「誰かの役に立って欲しい」と送って頂いた、大切なお品物です。
そのため、寄付をご希望される方には、欲しい理由をなるべく詳しくお伺いしたうえで、お譲りさせて頂きます。

お留守番をするお子さまのためにぬいぐるみをプレゼントしたい
国内外の子ども達に、ぬいぐるみをプレゼントしたい
地域の保育施設などで、ぬいぐるみを必要としている場所がある

など、どこで、どのように使用するのか?をなるべく詳しく、ご記入の上、ご連絡ください。

また、寄付して頂いた方々へ、HPなどで、ご報告するため、寄付されたものを使用している様子を、レポートして頂いています。

お品物の里親探し「にこっと」

「にこっと」とは?

「にこっと」では、お品物の里親さん(=次の持ち主)を募集し、欲しい理由をお聞きした上で、プレゼントさせて頂いております。
セカンドライフに寄付して頂いたものの中から、一部をHPで公開します。

沢山のご応募の中から、欲しい理由を読ませて頂いて、本当に大切にしてくださる方にのみ、プレゼント致します。

\にこっと公式HPで掲載中!/

ワクチン募金

セカンドライフでは、少量づつでも、より多くの方の善意を集めて寄付活動を行いたいという思いから、寄付して頂いた商品数に応じて、お客様の代わりにワクチン募金を行っています。

募金総数

2010年~2020年11月で
122,576人分 のワクチン募金を行いました

2020年10月

2,768人分

2020年9月

2,646人分

2020年8月

2,771人分

2020年7月

2,757人分

セカンドライフでは、サービスを立ち上げた10年前から、ワクチン募金を実施しています。
ワクチン募金は、不用品のリユース活動を通じて、世の中に笑顔を増やす活動の一環として行っています。

今でも、世界では、六大感染症と呼ばれている「ポリオ」「ジフテリア」「はしか」「百日咳」「結核」「破傷風」のワクチンが必要とされています。 このワクチン接収により、年間200-300万人の命が救われいます。 これでも十分ではなく、ワクチンの接種率が向上すれば、さらに年間150万人の命が助かる見込みです。

\ワクチンの募金実績を/

もっと、詳しくみる

セカンドライフのお客様の声

セカンドライフに寄付をお申込み頂く際に、寄付して頂くお品物への思いや、セカンドライフへの応援コメントをたくさん頂きます。 頂いたメッセージやお手紙は、全てありがたく目を通させて頂き、お手紙は、大事にファイリングして保管させて頂いております。

こうした、お客様からの応援や、寄付品への愛情を感じることで、スタッフ一同「今日も頑張ろう!」と思えるんです。

\ご利用者様の声を一覧でご紹介/

もっと、詳しくみる