1. セカンドライフ トップ >

絵本をゴミとして処分せず、リサイクルしませんか?

絵本をゴミとして処分せず、リサイクルしませんか?

色々な時間を一緒に過ごしてきた絵本を、処分しなくてはいけなくなった時、みなさんはどうされますか?

絵本を、古紙として処分する事、燃えるゴミとして処分する事( = 捨てること )は、すごく簡単です。袋に入れて、古紙置き場に置けば、問題なく「不要なごみ」として処分する事ができます。無料ですし、とても簡単な方法です。

でも、まだ読める、誰かを楽しませる事ができる絵本を、他のごみと一緒に廃棄処分するのは、悲しい事です。

セカンドライフでは、このような問題意識から、絵本のリサイクルに取り組んでいます。新しいものでなくても構いません。まだ読める絵本のリサイクル先を探し、絵本達がまたどこかで読んでもらえて、誰かに楽しんでもらえるように、第二の人生を歩めるように、絵本のリサイクル活動を行っています。
絵本の処分で、セカンドライフが選ばれる理由
100%リユース
ほぼ 100%リユース
寄付していただいた絵本を選別し、全てリユースしています。
募金活動(寄付活動)
募金活動(寄付活動)
お送り頂いた絵本の箱数に応じて、ポリオ・ワクチンが募金されます。
ご自宅まで引取
ご自宅まで引取
指定日にご自宅まで、絵本の引取便を手配します。持込も可能です。
コミコミ価格
コミコミ価格です。
送料・消費税・募金費用の全てが含まれているセット価格です。※追加料金はかかりません。

不用な絵本を、気持ちよく処分するには?

富山県富山市布より | No 20210722_192
富山県富山市布より | No 20210722_192
衣替え、引越、大掃除などで、色々な家財が不用になると思います。

もう読まなくなった絵本も、そのようにして、いつか処分する日が来ますよね。
そんな時、もう読まなくなった絵本ををどうやって処分しますか?

お誕生日やクリスマスなどのプレゼントで頂いたもの、夜寝る前にお子様に読んであげていたもの、気に入って何回も何回も読んでいたもの..

色々なタイミングで、絵本と一緒に過ごしておられたと思います。そして、季節の変わり目、大掃除、引越、結婚、子供の成長、ご家族のご不幸など、人生の中の色々なタイミングで、絵本の処分を検討する時がきます。

ずっと本棚に整理されて、定期的に読んでもらえる絵本は幸せですが、本棚に入りらなくなったり、ずーと奥の方で日の目を見ない絵本たちは、なんだかかわいそうですよね。そしていつか、絵本の処分を決定する日がやってきます。

まだ使える、読める絵本を、古紙として、または燃えるゴミとして処分する時は、罪悪感と勇気が必要です。
もっと気持ちよく、地球にも人にもやさしい方法はないかな?とお考えの方も多いと思います。

セカンドライフでは、そのような絵本を、リサイクルして再利用する活動を行っています。処分したい絵本を、おもちゃやぬいぐるみなどと一緒に段ボールに入れて頂くだけで、寄付する事ができます。
ご自宅の玄関口まで、段ボールを引き取りに伺いますので、あまり手間をかけずに寄付する事ができます。

絵本だけではなく、子供服、おもちゃ、文房具、食器、ぬいぐるみなど、大切に使ってきた中古品だけどまだ使えるし、捨てるにはもったいないものを一緒に段ボールに入れて、寄付する事ができます。

全国のどこからでもご利用いただけますし、集荷専用の伝票を用意しておりますので、伝票の記入も不要です。とても簡単にセカンドライフに、絵本をお送りいただくことができます。

※ページ内の写真は、全て、全国の皆様から送って頂いた実際の絵本の写真です。上のお写真は、事例 No:20140526_10で、山形県山辺町からお送り頂いた絵本です。

セカンドライフ | 事例No 20210722_192 | 絵本の寄付

事例 No 20210722_192

たくさんの絵本を送っていただき、ありがとうございます。楽しそうな絵本がたくさんありますね。あらしのよるに、の木村祐一さんの本もたくさんあります。ドラえもんのDVDなどもありますので、お子様にお届けして、楽しんでいただきますね。

セカンドライフに、絵本を寄付する方法

東京都東久留米市より | No 20210722_142
東京都東久留米市より | No 20210722_142
 まず、ホームページか、お電話でお申し込みをお願いいたします。お申し込み完了後に、集荷専用伝票を、ポストに投函できるメール便を利用して、お送りします。( 不在になりません )

この集荷伝票は、「着払伝票」ですので、配送時にはお金はかかりません。

※後日セカンドライフでまとめて支払いますので、配送料金は、セカンドライフへのお振込みとなります。

申し込んで頂いてから、伝票が届くまでに、2-3日程度かかりますので、その間に用意して頂いた段ボールの中に、絵本などを入れて頂きます。

お預かりさせて頂く絵本は、中古の段ボールに入れてください。( 段ボールは、新品ではなくリサイクル品で構いません )ので、ご用意をお願いいたします。不用な経費を抑えるために、セカンドライフからは、段ボールの発送を行っていません。

※セカンドライフでは、絵本だけではなく、子供服、おもちゃ、ぬいぐるみ、食器、文房具など、家庭内の色々な不用品を、寄付品としてお受けしています。
絵本だけではなく、色々なものを混載して送って頂く事が可能で到着した後に、スタッフが商品別に丁寧に仕分けています。

お送り頂く段ボールの中身に隙間があると、中で物が動いてしまうので、輸送時に破損する可能性があります。その為、できるだけ空間ができないように、商品を詰めて頂く事をお願いしています。

段ボールの準備が終わり、集荷専用伝票が、ポストに届きましたら、封筒の中から集荷専用伝票を取り出して、ご用意頂いた段ボールに貼り付けて下さい。
後は、ゆうぱっくの集荷をご依頼頂ければ、集荷は完了です。

集荷の依頼は簡単です。同封している説明書に、集荷用の電話番号と、QRコードを掲載しています。いづれか、やりやすい方で、希望の日時の集荷をご依頼下さい。

それを利用して、ご都合の良い日付・時間帯に集荷依頼を行って下さい。玄関先で、絵本の入った段ボールを渡して頂ければ、完了です!

ご利用代金は、段ボールの発送を見届けてからで問題ありません。発送直前まで、大きさ・個数で迷われる方が多いためです。

もちろん、箱の大きさや数量の変更がないのであれば、先に振り込んで頂いても問題はありません。※振込方法は、銀行振込か、郵便振替になります。最初の登録後に、メールなどで振込情報をお送りしています。伝票の配送時にも、振込先を記載した紙を同封しています。


伝票の枚数が分からない時は?

お申し込み頂く時に、いくつの段ボールに収まるのか?など、個数やサイズが分らない場合も多いと思います。そのような場合、セカンドライフでは、少し多めに伝票を申し込んで頂くことを、お勧めしています。

集荷伝票は、使うまでお金がかかりませんので、お荷物を実際に発送した分のみお振込頂ければ大丈夫です。急いでおられる方、個数やサイズが正確に分からない方は、多めに伝票を申し込んで頂いて、実際にお使い頂いた個数/サイズ のみ、お振込を行って頂ければ、大丈夫です。

セカンドライフでは、できるだけお客様にご負担をかけず、簡単に絵本を送って頂けるように、常によりよい方法を考えています。

もし、もっと良い方法、便利な方法がございましたら、ぜひ教えて下さい。お客様の便利さや、満足度UPにつながる事は、積極的に取り入れていこうと思います。

セカンドライフは、みなさまに気持ちよく寄付して頂ける事を、常に心がけています。

セカンドライフ | 事例No 20210722_142 | おもちゃの寄付
たくさんのおもちゃを送っていただき、ありがとうございます。メルちゃんのおうちや、アンパンマンのおもちゃ、絵本やぬいぐるみ等いろいろなものがあり、楽しそうですね。しっかりとお子様にお届けして、笑顔になっていただきますね。

発送した絵本は、どうなるの?

東京都世田谷区より | No 20210722_102
東京都世田谷区より | No 20210722_102
寄付として、お送り頂きました絵本の段ボールは、配送センターに集約されて、毎週、数回に分けて、セカンドライフに到着します。

多い日は、2Tトラックで2車ほど届く事もあります。特に年末年始や4月8月の繁忙期は、毎日大量のお荷物が届きます。

無事にセカンドライフに到着したお荷物は、伝票のラベルを見て、保管場所を変更します。

御人形、複数個口、などを、きちんと管理できるように荷物を降ろします。数が多く、同じお客様のお荷物でも、置き場所がばらばらになる可能性があるため、できるだけ揃えます。

供養の必要な商品は、供養専用の保管場所に保管します。
※保管された供養商品は、2ヶ月に一度、専属の神主様にお願いして、供養させて頂いております。毎回、トラック2車分くらいの量があります。


到着した箱の撮影を行います。

次に、撮影スタッフが、1件づつラベルを確認しながら、箱を開けて少し整理してからお写真を撮影します。基本的に、全ての伝票のお写真を撮影していますが、複数小口の場合などは、代表して1つ目の箱のお写真のみ撮影しています。

撮影の際には、ある程度どのようなものが入っているのか?が分かるように写真を撮ることと、万一個人情報があった場合でも、写りこまないようにする事を意識しています。

撮影後に、1件づつ確認した上で、簡単なコメントを沿えて、ホームページで紹介しています。※掲載NGの場合は、写真の掲載は行いません。

※これらの期間を確保するために、ホームページへの掲載は、商品の到着後、1~2週間以降となります。


セカンドライフで、箱のお写真を撮影する理由

主に下記の3点です。

  1. ・到着した事をきちんとお伝えしたいため
  2. ・間違って必要な商品が送られた時、できるだけ探したいため
  3. ・どのようなものを寄付できるのか?を、多くの方に知って頂きたいため。

撮影したお写真は、ご登録頂いたメールアドレスに、お送りしています。
※メールを頂いていない方でも、問合せを頂ければ、対応できるようにしています。

セカンドライフでは、もしお客様の元払発送で、お荷物をお送り頂ける場合でも、必ず、送って頂くお客様の情報をご登録いただいてから、発送していただくようにお願いしています。

その理由が、上記のように、預からせて頂いたお荷物の管理をきちんと行いたいためです。
※元払発送の場合でも、伝票に「登録番号」を記載して頂いております。

発送するだけで、到着したかどうかも分からない。ような状態にはせず、きちんと管理する事で、みなさまの寄付して頂く好意に、きちんとお答えしたいと考えています。

お写真の撮影が完了したら、担当スタッフが仕分作業を行います。


1つづつ箱を開けて、絵本、やおもちゃ・ぬいぐるみなどの種類別に仕分けています。

商品の内容や状態により、用途や行き先が多岐にわたりますので、大切にお送りいただきました絵本は、できるだけ丁寧に仕分けさせていただいております。
セカンドライフには、約200坪くらいの仕分け専用の倉庫がございますので、そこで10名弱のスタッフが毎日、仕分けを行っております。


絵本の多くは、国内でリサイクルされます。
希望者に、贈与、レンタルしており、使い終わった和装品をまた寄付して頂いたりもしています。

用途に応じて、幼児向け、小学生向けなどに仕分けています。

他にも、おもちゃや、ぬいるぐみ、子供服なども、用途や種類に応じて、仕分けを行っています。
まだ十分に遊べるおもちゃや、読んで楽しめる絵本は、必要とする方がたくさんおられます。

セカンドライフでは、そのような方々を繋ぐ役割として、SNSなどを活用し、より多くの商品のリユースを進めていきます。

「 寄付する方と、される方を繋ぐ基盤になりたい 」 とセカンドライフは考えています。


セカンドライフに、絵本をお送り下さる方々は、「 中古だけど、まだ綺麗だし着れるので、またどこかで誰かに着て欲しい 」という方が殆どです。

ご自分で寄付先を見つける事は困難だと思いますので、セカンドライフがその仲介役となり、1つでも多くの絵本達が再利用されるような基盤を作りたいと考えています。

セカンドライフ | 事例No 20210722_102 | おもちゃの寄付
色々なおもちゃを送っていただき、ありがとうございます。お水を使って遊べるミッフィーのおえかきシートや、色々な音が出るギター、絵本やぬいぐるみ等、色々とあり、楽しそうですね。お子様にお届けして、楽しく遊んでいただきますね。

絵本のリサイクルが、募金になります

千葉県山武郡より | No 20210722_052
千葉県山武郡より | No 20210722_052
宅配便を利用して、絵本や、おもちゃ、子供服、ぬいぐるみなどをリサイクルする事が、寄付活動だけではなく、募金活動にもなります。

セカンドライフでは、サービスを立ち上げた9年前から募金活動を行っています。メインは、ポリオ撲滅のためのワクチン募金で、募金実績もホームページ上で公開しています。

お送り頂いた絵本などの寄付品の箱数に応じて、お客様の代わりにワクチン募金を行っています。寄付して頂く皆様にとっては、セカンドライフに絵本ををお送り頂く事が、募金活動にもなります。

絵本のリサイクルを通じて、少しでも皆さまの気持ちの輪が広がる事、日本人が持っている「もったいない」気持ちを大切にする事が、セカンドライフの使命であると考えています。

また、安心して絵本などの支援品をお送り頂けますように、丁寧に仕分ける、1つづつお写真を撮影するなど、できる限りご安心いただけるような対応を心がけて、活動しています。

より良いサービスのために、ご意見、改善要望など、いつでも受け付けております。
セカンドライフ | 事例No 20210722_052 | ランドセルの寄付
ピンク色のランドセルを送っていただき、ありがとうございます。鋲部分がお花になっており、可愛いですね。状態も良好です。その他にも絵本や、色々な車のミニカーをいただきましたので、それぞれお子様にお届けして、喜んでいただきますね。
絵本の寄付に必要な料金
100サイズ以下の箱 100サイズ以下の箱
2100円 2,100
160サイズ以下の箱 160サイズ以下の箱
2600円 2,600

"伝票配送料" + "ゆうパック料金" + "ワクチン募金"

が、料金の中に含まれています。

※お申込み後に「 集荷専用伝票 」を発送しています。これは、 事前に宛名が印字された伝票の事 で、寄付して頂く方が、できるだけ手間をかけずに、発送するための方法です。

集荷専用伝票を、ご登録の住所まで、発送させて頂く際の料金が、" 伝票配送料 "です。


セカンドライフへのお申込みの流れ

サービスのお申し込みはこちらから

365日×24時間、いつでもコチラの専用フォームからお申し込み可能です。

ご不明な点は、お気軽にご相談ください。
 

メールお問合せ

Line@始めました
寄付先が見えるにこっとプロジェクト

お客様の声(絵本)

セカンドライフには、全国から寄付して頂いた絵本が、毎日たくさん届きます。一緒に楽しい時間を過ごしてきた絵本を、ゴミにしたくない。誰かに使ってほしい。また読んで欲しい。

絵本のリユースを希望される多くの方から、メール、お手紙、コメントなどで、たくさんのうれしいお言葉・メッセージを預かっています。そのほんの一部だけですが、絵本に対する声を公開しています。

絵本が好きで買っていましたが、忙しく読む時間があまりありません。本はきれいなので本を好きな子供たちに読んでもらいたいと思います。
こどもが乳幼児の頃に遊んだぬいぐるみや絵本です。
捨てるに捨てれずまた使ってもらえるならと思い申し込みしました。
世代交代です。この日本の未来を背負って立つみなさんの力に少しでもなればいいなと思っております。
絵本・古着などを同梱しています。
ぬいぐるみ等あります。よろしくお願いいたします。
知育玩具 絵本 文房具 古着 など送らせて頂きます。
よろしくお願い致します。
中学生の長男が読んでいたものです。弟も大きくなり、幼児向けの本は読まなくなりました。捨てるのも忍びないので、どなたかのお役に立てばと思いご連絡差し上げました。
その他 絵本 おもちゃ ぬいぐるみ 古着
を入れる予定です。よろしくお願いいたします。

事例(絵本)

セカンドライフに実際に送って頂いた絵本や、その他の商品をご紹介します。これから送ろうと思っている方の参考になれば幸いです。

神奈川県横浜市より絵本が届きました | 2021/07/05

セカンドライフ | 事例No 20210705_032 | ランドセルの寄付

事例 No 20210705_032

赤色のランドセルを送っていただき、ありがとうございます。かぶせに音符がデザインされていて、かわいいですね。状態も良好です。絵本などもいただきましたので、ランドセルと一緒に女の子にお届けさせていただきますね。

大阪府箕面市より絵本が届きました | 2021/06/24

セカンドライフ | 事例No 20210624_162 | 絵本の寄付

事例 No 20210624_162

たくさんのコミックや本を送っていただき、ありがとうございます。コミックなどバラバラではなく揃っているようですね。その他にも色々な本をいただきましたので、次の方にお届けして、しっかり楽しんでいただきますね。

大阪府大阪市より絵本が届きました | 2021/06/17

セカンドライフ | 事例No 20210617_122 | ぬいぐるみの寄付

事例 No 20210617_122

たくさんのぬいぐるみを送っていただき、ありがとうございます。ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニ、ドナルド、スティッチなど、色々なキャラクターがあり、状態も良好ですね。その他絵本などもいただきましたので、お子様にお届けして、一緒に過ごしていただきますね。

千葉県流山市より絵本が届きました | 2021/06/10

セカンドライフ | 事例No 20210610_032 | おもちゃの寄付

事例 No 20210610_032

アンパンマンやカレーパンマン、しまじろう等のぬいぐるみを送っていただき、ありがとうございます。その他にも、タイコやジグソーパズル、サウンド絵本などたのしそうなものがありますね。お子様にお届けして、楽しく遊んでいただきますね。

「 取扱商品に関して、よくある質問 」

セカンドライフでは、ぬいぐるみだけではなく、色々な商品の寄付を受け付けております。 「 宅配便でお送りいただける大きさで、まだ使えると判断された中古品・新品 」 は、ほぼ何でもお受けする事が可能です。 セカンドライフへの寄付を希望される方々から、よく頂く質問とそれに対する答えをまとめました。

ここで、解決しないものは、お電話やメールでご質問頂けましたら、できるだけ丁寧に解答させていただきます。

その他の質問をもっと見る

サービスのお申し込みはこちらから

365日×24時間、いつでもコチラの専用フォームからお申し込み可能です。

ご不明な点は、お気軽にご相談ください。
 

メールお問合せ

Line@始めました
寄付先が見えるにこっとプロジェクト