1. セカンドライフ トップ >

東京都で子供服の寄付
子供服のリサイクルが、募金になります。

東京都にお住まいの皆さま、お子様の成長などで、処分する子供服を寄付して頂けないですか?

セカンドライフは、「 子供服の寄付 」を受け入れています。東京都の各地から、宅配便を利用して、寄付して頂けます。宅配便での寄付の場合、ご自宅まで荷物を引取に来てもらえますので、それほどお手間もかかりません。

寄付して頂いた子供服は、1つづつ丁寧に仕分けてから、国内外でリユース/リサイクルしています。セカンドライフでは、子供と一緒の時間を過ごしてきた思い入れのあるお洋服が、別の場所で第2の人生を過ごすためのお手伝いをしています。

また、子供服を寄付する事が、募金活動にもなります。

セカンドライフでは、毎月、東京都や全国各地から寄付として受け入れた品物の箱数に応じて、発展途上国の子供たちに、ポリオ撲滅のためのワクチン募金を行っています

東京都で、子供服をもう一度大切にしてあげたい皆様へ

東京都中央区より | No 20210729_112
東京都中央区より | No 20210729_112
不用になった子供服は、どうしていますか?

ごみ袋に入れて、ゴミとして処分するのは、すごく抵抗のある方が多いと思います。
ご家庭の中のもの全てに言える事なのですが、捨てればごみ、仕分ければ資源になります。

子供服は、実はとても需要のある大切な支援物資です。セカンドライフでは、そのような子供服の寄付を受け付けています。

日本では「寄付を行う」というと、ユニセフ等の募金活動がすぐ思い浮かびますが、子供服などの支援物資を寄付する事も、沢山の人を笑顔に変えることのできる大切な行動です。

寄付を行う事は、とても気持ちの良いものですので、もっと子供服を寄付する事が、東京都はもちろん、日本中で根付く事を夢見て、セカンドライフは活動しています。



まだ使える子供服を、誰かに再利用 ( リユース )してもらう事は、大切な寄付行為です。寄付や募金で、誰かを支援したい気持ちは、多くの人が持っています。 でも、「どこで 誰に 何を」寄付すればよいのか分からない方が、とても多いです。

セカンドライフを通じて、手軽で、簡単に、気持ちよく、寄付を行って頂けると、スタッフ一同、とても嬉しく思います。
セカンドライフ | 事例No 20210805_082 | おもちゃの寄付

事例 No 20210805_082

たくさんのミニカーやスーパーボールを送っていただき、ありがとうございます。お子様にお届けすると、喜ばれますね。知育玩具やぬいぐるみ等もあります。色々いただきましたので、仕分けをして、お子様たちにお届けさせていただきますね。

子供服を寄付する方法 | 東京都版

東京都港区より | No 20210513_022
東京都港区より | No 20210513_022
お預かりさせて頂く子供服は、宅配便のゆうパックを利用して、全国から集荷しています。
段ボールは、新品ではなくリサイクル品で構いませんので、お客様の方でご用意頂いております。

まず、セカンドライフから、ゆうパックの集荷専用伝票と、注意点や振込先などを記載した説明書を、郵便局のメール便を利用して、お送りします。

伝票が届くまでの間に、用意して頂いた段ボールの中に、子供服などを入れて頂きます。


子供服以外のものも、一緒に送れます

セカンドライフは、子供服だけではなく、お人形、食器、子供服など、家庭内の多くの不用品を、寄付として受け付けておりますので、子供服だけではなく、お人形や食器、子供服などを、混載して頂く事が可能です。

お送り頂く段ボールに、隙間があると、中で物が動いてしまい破損してしまう可能性もありますので、できるだけ隙間の無いように、ご不要品を入れて頂くようにお願いしています。

子供服を寄付して頂くための専用伝票を郵送した封筒が届きましたら、中から、ゆうぱっくの集荷専用伝票を取り出して、ご用意頂いた段ボールに貼り付けて下さい。

同封している説明書に、ゆうパックの集荷専用電話番号と、QRコードを掲載していますので、それを、利用して、ご都合の良い日時に、集荷依頼を行って下さい。
あとは、玄関先で、子供服の入った段ボールを渡して頂ければ、完了です!
セカンドライフ | 事例No 20210805_272 | おもちゃの寄付
ダッフィーの可愛いぬいぐるみ、絵本や可愛いサンダルを送っていただき、ありがとうございます。 たくさんいただきましたので、有効に活用したいですね。絵本やお子様用のサンダルは、お子様にお届けして、絵本など、楽しんでいただきますね。

申込み後の流れ | 東京都版

東京都昭島市より | No 20210424_392
東京都昭島市より | No 20210424_392
お代金は、段ボールを発送してから3日以内にお振込頂く事をお願いしています。
登録してすぐに、メールで振込情報が届きますので、先に振り込んで頂いても問題はありません。

いくつ発送するか申し込みの時に、個数が分らない場合もございますが、「実際に発送した個数のみ」お振込頂ければ問題ありません。

急いでおられる方、個数が多くて、正確には分からない方は、多めに伝票を申し込んで頂いて、実際にお使い頂いた個数分のみ、お振込を行って頂ければ、大丈夫です。


商品が到着した後は

寄付の為にお送り頂きました段ボールが、無事にセカンドライフに到着しましたら、毎週、スタッフ総出で、仕分作業を行っております。

仕分けさせて頂いた全ての箱の写真を撮影し、お送り頂きましたお客様の登録メールアドレスまで、到着のご案内として、メールで連絡させて頂いております。

到着した商品のお写真とコメントは、ホームページの子供服の集荷事例として、掲載させて頂きますが、お申し出がございましたら、いつでも掲載停止する事が可能です。

セカンドライフのスタッフが、子供服、お人形、子供服、食器、おもちゃなど、商品別に、仕分けさせて頂いた商品達は、それぞれリユースするために、日本国内・海外へと旅立っていきます。
セカンドライフ | 事例No 20210729_362 | ランドセルの寄付
青色と黒色のランドセルを送っていただき、ありがとうございます。その他にも、アンパンマンのおもちゃや、ノート類、お洋服や絵本など色々なものをたくさんいただきました。状態も良好ですね。次のお子様にお届けして、しっかり活用していただきますね。

東京都からの寄付して頂いた子供服が募金になります

東京都千代田区より | No 20210424_052
東京都千代田区より | No 20210424_052
セカンドライフに、不用になった子供服を、宅配便で送って頂く事が、寄付活動・募金活動になります。

セカンドライフでは、サービスを立ち上げた9年前から募金活動を行っています。メインは、ポリオ撲滅のためのワクチン募金で、募金実績もホームページ上で公開しています。

セカンドライフに、お送り頂いた子供服の箱数に応じて、ワクチン募金を行っていますので、寄付して頂く皆様にとっては、セカンドライフに子供服をお送り頂く事が、募金活動にもなります。

安心してお送りいただけますよう、丁寧に仕分ける、1つづつお写真を撮影するなど、できる限り、
ご安心いただけるような対応を心がけさせていただいております。


セカンドライフのリサイクル方法

子供服は、個人の方で、その子供服を気に入っていただいた方(営利目的は禁止)や、
海外の子供施設などに、送らせて頂いております。そのため、大切にお送りいただきました子供服は、できるだけ丁寧に仕分けさせていただいております。

他にも、ひな人形などは、高齢者の方々が多くおられる施設( 病院、デイサービス、介護施設など )からの引き合いが多くありますし、保育園、幼稚園、学校などからの、ご依頼も頂きます。

文房具などは、海外ボランティアのプロジェクト様などに協力し、海外の小学校に送るなどの活動を行っております。


セカンドライフの目標

セカンドライフに、子供服をお送り下さる方々は、「 中古だけど、まだ綺麗なので、またどこかで使ってほしい 」という方が殆どです。ですが、ご自分で寄付先を見つける事は困難だと思います。

セカンドライフは、品物を寄付したい方と、寄付を受けたい方々の仲介役となり、1つでも多くの子供服が再利用されるような基盤を作りたいと考えています。

子供服のリサイクル活動を通じて、1つでも多くの笑顔が産まれることを願い、今日も丁寧に仕分け作業を行わせて頂きます。
セカンドライフ | 事例No 20210729_272 | ぬいぐるみの寄付
しまじろうや、妹のはなちゃん、ぐーチョコランタンのスプーなどのぬいぐるみを送っていただき、ありがとうございました。その他にも、小さなお子様が楽しめるおもちゃ類が色々とありますね。状態も良好です。お子様にお届けして、楽しんでいただきますね。

募金活動のお知らせ(東京都からの寄付分)

東京都の皆さま、および、全国の皆さまからお送りいただいた寄付により、
セカンドライフの活動期間、過去3年 3ヶ月現在の累計で、
合計 : 85,582名分のワクチン を寄付させて頂きました。

そのうち、東京都からは、33,318名分のワクチンを寄付して頂きました。

これは、全国で、1番目に多い寄付数になります。
東京都で寄付と募金にご協力頂きましたみなさま、本当にありがとうございます。 今後も、この活動を継続していくことで、
ゴミを減らす寄付活動が、募金にもなる事 」を、
1人でも多くの皆さまに知って頂き、参加して頂ければと思います。

総数 → 85,582人分

< 最近の実績 >

2020年10月 → 7,984人分

2020年09月 → 7,512人分

詳しくはこちら


お客様の声(東京都 子供服)

セカンドライフには、全国から寄付して頂いた子供服が、毎日たくさん届きます。一緒に過ごしてきた子供服を、ゴミにしたくない。誰かに使ってほしい。可愛がってあげてほしい。

子供服のリユースを希望される多くの方から、メール、お手紙、コメントなどで、たくさんのうれしいお言葉・メッセージを預かっています。そのほんの一部だけですが、子供服に対する声を公開しています。

子供服やベビー用品です
ベビー用ボディケアセットはお祝いで頂きましたが、未使用です。
哺乳瓶、搾乳器がリストになかったのですが、一部パーツを変えれば使えるものなので一緒に入れました。
子供服の古着とおもちゃをお送りさせていただきます。
小さい時の洋服をなかなか捨てられずに保管していたので、お役に立つのならとても嬉しいです。
必要としている子供たちへ届きますように。
宜しくお願いします。
子供服です。
ぬいぐるみも少し入っています。
マタニティ服が数着あります。
もし箱に入ればまだ使える子供服やおもちゃもお送りする予定です、
子供服を主にその他ランドセルや雑貨類も含めお送りしたいと思います。よろしくお願いします。
娘たちが成長し、子供部屋を模様替えするのを機に長年先延ばしにしてきた部屋の片づけを始めました。子供服や文具用品など思い出がよみがえり、一つ一つに感謝しながら丁寧に梱包しました。必要としてくださる方々の元でお役に立てれば幸いです。
いつもお世話になります。
今回は、ぬいぐるみ・オモチャ・子供服・大人の服(レディース)を送らせていただきます。
子供も大切な自分の持ち物を、リユースしてもらえることをいつも「本当に助かる」と言っています。なのでなるべく綺麗な状態で送れるように、いつも大切に使用しています。
近くのリサイクルショップに持ち込むことは簡単ですが、子供も私もお人形さん達がお世話になったセカンドライフ様に恩返しがしたくて、毎回使わせていただいております。
大変な時期に、送ってしまい心苦しいのですが、スタッフの皆様もどうかお身体にお気をつけてお過ごし下さい。
子供服2箱です。使用感があるものが多いですが、少しでもお役にたてたらと思います。よろしくお願いいたします。
 サンリオのキティちゃんなど、可愛い子供服を寄付して頂きまして、本当にありがとうございます。仕訳して、できる限り、リユースさせて頂きますね

事例(東京都 子供服)

東京都の皆さまから、セカンドライフに実際に送って頂いた子供服をご紹介します。これから送ろうと思っている方の参考になれば幸いです。

東京都江戸川区より子供服が届きました | 2021/03/11

セカンドライフ | 事例No 20210311_012 | 子供服の寄付

事例 No 20210311_012

キティちゃんや、ラプンツェル、ディズニープリンセスなどのルームシューズなどを送っていただき、ありがとうございます。可愛いですね。状態も良好です。仕分けをして、お子様にルームシューズやお洋服などを送って活用していただきますね

東京都八王子市より子供服が届きました | 2021/02/15

セカンドライフ | 事例No 20210215_072 | 子供服の寄付

事例 No 20210215_072

お子様用の靴やバッグを送っていただき、ありがとうございます。スニーカーや長靴、靴下などがありますね。その他にリュックサックやショルダーバッグなど、色々なバッグもいただきました。お子様にお届けして、しっかり役立てていただきますね。

東京都から宅配便で、寄付できます

東京都の各地から、ぬいぐるみ、お人形、絵本、雑貨、その他を寄付して頂く事ができます。

基本的に、160サイズ以内の段ボールに入るものであれば、ほとんどのものがリユース可能です。
配送方法や、入れても良いものに関するご質問をまとめましたので、参考にしてみて下さい。

ここで、解決しないものは、お電話やメールでご質問頂けましたら、できるだけ丁寧に解答させていただきます。

その他の質問をもっと見る

「 取扱商品に関して、よくある質問 」

セカンドライフでは、ぬいぐるみだけではなく、色々な商品の寄付を受け付けております。 「 宅配便でお送りいただける大きさで、まだ使えると判断された中古品・新品 」 は、ほぼ何でもお受けする事が可能です。 セカンドライフへの寄付を希望される方々から、よく頂く質問とそれに対する答えをまとめました。

ここで、解決しないものは、お電話やメールでご質問頂けましたら、できるだけ丁寧に解答させていただきます。

その他の質問をもっと見る

サービスのお申し込みはこちらから

365日×24時間、いつでもコチラの専用フォームからお申し込み可能です。

ご不明な点は、お気軽にご相談ください。
 

メールお問合せ

Line@始めました
寄付先が見えるにこっとプロジェクト

このページの先頭に戻る