セカンドライフ x 寄付 x SDGs

セカンドライフ x 寄付 x SDGs

セカンドライフとSDGs

- SMILE from SDGs -
笑顔につながるSDGs

NPO法人グッドライフは、寄付を通じて1つでも多くの笑顔を生み出すことを、組織の目的としています。そのため、SDGsに取り組む企業様と、様々なコラボレーションを行い、「 笑顔のSDGs 」に取り組んでいます。

目次

1 ) 寄付から始める SDGs

SDGs / CSR に取り組んでおられる多くの企業の担当者様。

まずは、どこから始めたらよいかとお悩みではないですか?

私達、セカンドライフは、不用品の寄付のパイオニアとして、
寄付から始めるSDGsをご提案いたします。


< 私たちの提案するコンセプト >

SMILE from SDGs
  ( SDGs で、笑顔を生み出そう! )



< そのための3つの活動方針 >

1)寄付を通じて、不用品の再利用を増やす活動
2)「 寄付の見える化 」で、寄付者の満足度を高める活動
3)ごみを減らし、地球環境にやさしい活動

2 ) もったいないの精神が、継続的に地球環境を守る

世界の多く国々が豊かになった現代において、
再利用 / 再資源化を通じて、ごみを減らし、地球環境を守る活動は、
世界中で取り組むべきテーマの1つとなっています。

ごみ問題が、取り組むべき重要な問題になっている大きな原因の1つが、
大量消費社会で、ものがあふれ、まだ使えるものでも「ごみ」として捨てられている事です。

まだ使えるものでも、新しいものが欲しいから捨てる。
もう置き場所がないから廃棄する。
いつの間にか、当たり前になっている考え方です。

「もったいない」という意識が薄れていることが、
ごみが増える大きな原因です。

一方で、十分な医療が受けられず、日々の最低限の生活に必死な人たちが、
世界にはたくさんいます。

いろいろな募金やボランティア活動があり、
多くの子供たちを救っていますが、現代でもまだまだ格差はある。のが現実です。


私たちは、不用品の再利用を「 気持ちよく 」「 分かりやすく」行える
プラットフォームを創ることで、下記の目標を達成したいと考えています。

・日本の不用品を選別し、ごみを減らすこと
・国内外の必要者に、物資を届ける事で、不用品を必要品に変える事
・寄付の見える化を推進することで、1つでも多くの笑顔を創り出すこと
・私たちの活動を知って頂くことで、寄付の啓蒙活動を行うこと。


もったいないの精神が、地球環境を守り、心を豊かにする事につながる。

この理念に賛同した多くの個人様が、毎日、たくさんの寄付品をお送り下さっています。

3 ) 目に見える SDGs を目指しませんか?

企業活動においても、多くの不用品に触れることがあると思います。

・ 商品や販促品の不良在庫
・ まだ使えるが販売のできないB品
・ 企業活動で利用する文房具や備品など
・ お客様から回収した不用品など

これらの不用品を、「もったいない」の精神で、
セカンドライフを通じて再利用することが、
企業をあげて取り組むべき、CSR / SDGs の活動の一環になります。

日本の不用品を、国内外の必要者に届ける活動は、
SDGs の17の目標の中で、下記に当てはまります。


1)貧困をなくそう
  
  あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ
  
  <私たちの活動>
  
  海外の貧困地域の、物不足を解消することで、より豊かな生活を行う事を支援
  国内の生活困窮者に、不足品をお譲りすることで豊かな生活を支援
  
  ex ) アフリカの小学生に、文房具や折り紙を寄付
  ex ) 国内のDV被害の方に生活必需品を送る活動
  
  
3)すべての人に健康と福祉を
  
  あらゆる年齢のすべての人の、健康的な生活を確保し、福祉を推進する。
  
  
  <私たちの活動>
  
国内/国外の希望者に衣料品や生活必需品を供給することで、
  健康的な生活を支援しています。
  
  ex ) まだ使える車いすや吸引器を、必要者に寄付
  ex ) 東南アジアの孤児院に、文房具やランドセルを寄付
  
  
4)質の高い教育をみんなに
  
  すべての人に包括的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を推進する。
  
  
  <私たちの活動>
  
  世界の子供たちが、教育を受ける環境を支援しています。
  学生さんや各種団体とのコラボレーションで、お互いを支援します
  
  ex) 九州の小学生に、絵本を寄付
  ex) 日本の小学校で不要になった机を海外の小学校に寄付
  
  
10)人や国の不平等をなくそう
  
  国内および国家間の格差を是正する。
  
  <私たちの活動>
  
  寄付の見える化プラットフォームを提供することで、
  不用品の寄付の啓蒙活動を行い、寄付に参加する人を増やします。
  
  ex) SNSで、寄付の見える化。笑顔を届けるにこっと。
  
  
11)住み続けられるまちづくりを
  
  都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする。
  
  11.5 2030年までに、貧困層及び脆弱な立場にある人々の保護に焦点をあてながら、
     水関連災害などの災害による死者や被災者数を大幅に削減し、
     世界の国内総生産比で直接的経済損失を大幅に減らす。
  
  <私たちの活動>
  
  災害被災地での不足品を把握し、
  自分たちの寄付のプラットフォームで物資を募り、
  被災地への速やかで、意味のある支援を行う。
  
  また、被災地のモノ余りの解消に助力する
  
  ex) 東日本大震災の不用品を、タイの洪水支援へ
  ex) 令和2年 熊本洪水支援
  
  
12)つくる責任 つかう責任
  
  持続可能な消費と生産のパターンを確保する
  
  
  <私たちの活動>
  
  私たちの理念である「寄付を通じて、不用品の再利用を増やす活動」そのもの
  
  
17)パートナーシップで目標を達成しよう
  
  持続可能な開発に向けて、実施手段を強化し、
  グローバルパートナーシップを活性化する
  
  
  <私たちの活動>
  
  日本国内の支援者の方々、企業担当者の方々、
  海外在住のボランティア団体や、現地在住の支援者の方々と
  協力して、ボランティア、SDGs に関する活動を行います。
  

セカンドライフが選ばれる5つの理由

ワクチン募金

セカンドライフでは、少量づつでも、より多くの方の善意を集めて寄付活動を行いたいという思いから、寄付して頂いた箱数に応じて、お客様の代わりにワクチン募金を行っています。

募金総数

2010年~2021年09月で
181,441人分 のワクチン募金を行いました

2021年09月

2341人分

2021年07月

2783人分

2021年08月

2896人分

2021年06月

3338人分

セカンドライフでは、サービスを立ち上げた10年前から、ワクチン募金を実施しています。
ワクチン募金は、不用品のリユース活動を通じて、世の中に笑顔を増やす活動の一環として行っています。

今でも、世界では、六大感染症と呼ばれている「ポリオ」「ジフテリア」「はしか」「百日咳」「結核」「破傷風」のワクチンが必要とされています。 このワクチン接収により、年間200-300万人の命が救われいます。 これでも十分ではなく、ワクチンの接種率が向上すれば、さらに年間150万人の命が助かる見込みです。

\ワクチンの募金実績を/

もっと、詳しくみる

セカンドライフに届いたお手紙

お送り頂くお荷物の中にお手紙を入れて頂けることがあります

「いつもおつかれさまです。」「コロナに負けずに頑張りましょう」
などの温かいメッセージに、仕分けスタッフ一同、何度も励まされました。

※ お写真は、ほんの一部です。
※ 残念ながら、全てはご紹介できないので、一部を抜粋してご紹介いたします。

\頂いたお手紙を一覧でご紹介/

もっと、詳しくみる

セカンドライフのお客様の声

セカンドライフに寄付をお申込み頂く時に、寄付して頂くお品物への思いや、セカンドライフへの応援コメントをたくさん頂きます。 頂いたメッセージやお手紙は、全てありがたく目を通させて頂き、お手紙は、大事にファイリングして保管させて頂いております。

こうした、お客様からの応援や、寄付品への愛情を感じることで、スタッフ一同「今日も頑張ろう!」と思えるんです。

  • 神奈川県相模原市 T 様

    2021-07-31

    セカンドライフ利用3回目です。今回は、主に食器・雑貨を送らせていただきます。 よろしくお願いいたします。

  • 東京都江戸川区 S 様

    2021-07-31

    大事に使ったおもちゃや、購入したけれど使わなかった雑貨、衣類など、子供も大きくなったので まだまだ使えるものをきれいに拭いて寄付させて頂きます。リユースしていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

  • 東京都墨田区 T 様

    2021-07-28

    ぬいぐるみ、古着も入れています。 また、石鹸や入浴剤も、まだ未使用で勿体なく思ったため入れようと思います。 ご活用ください。

  • 北海道函館市 U 様

    2021-07-27

    二人の娘が六年間しっかりと毎日背負って元気に小学校に通ってくれたランドセルを使ってくれる方がいると嬉しく思います。よろしくお願いします。

  • 大阪府豊中市 M 様

    2021-07-27

    娘が学校の授業で文具や服やおもちゃが足りない国があると学んできました。 自分の服を頑張って畳んで「まだ着れるから使って欲しいの」と相談してくれました。 娘の服をゴミとして出すのに抵抗があったので送らせて頂きますね。よろしくお願いします。

  • 大阪府大阪市 M 様

    2021-07-26

    先日はひな人形のお供養でお世話になり、ありがとうございました。今回は母が使っていた着物と和装小物です。どなたかにお使いいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 埼玉県ふじみ野市 H 様

    2021-07-26

    はじめまして。自分ではもう使用しない、しかし、捨てるにはもったいない服を、どなたか有効に利用していただけるところはないかと、ずっと探しておりました。セカンドライフさんの活動趣旨がとても素晴らしく、私もそのご活動にほんの僅かではありますがお役に立ちたいと思い、送らせていただきます。 毎日、たくさんの品物を分別するお仕事はとても大変な作業だと思いますが、皆さま、お身体に気をつけて、いつまでもこの素晴らしいお仕事をお続けきださいませ。 ありがとうございます。

  • 富山県富山市 K 様

    2021-07-25

    子供の衣類はいつもお下がりで我が家はとても助かっていました。十分に使用できる物をゴミにしてしますことも心が痛いことで、必要な方に届けていただけることに感謝します。  スタッフの皆様、よろしくお願いいたします。

  • 東京都練馬区 N 様

    2021-07-25

    始めて洋服の寄付をさせていただいております。今まで要らなくなった服は捨てることしかしてきませんでしたが、その度に勿体ないなと思っておりました。誰かが使ってくれるだけでなく子ども達のワクチンの摂取にも繋がるのであれば是非寄付したいと思います。

\ご利用者様の声を一覧でご紹介/

もっと、詳しくみる

寄付できるもの