セカンドライフが選ばれる5つの理由

不用品の寄付が、世界の子ども達の命を救うワクチン募金になります

ご家庭にある90%のモノはリユース可能です。まだ使えるものは、処分ではなく、寄付する事で、お品物に第二の人生を与え、世界の子ども達のワクチンになります。

目次

1 ) ほぼ100%リユース

サイズアウトで着られなくなった洋服や、使う機会がないままタンスに眠っている礼服や着物
お子様が成長して遊ばなくなったおもちゃやぬいぐるみなど、

日本には、まだまだ使えるのに、使われていないものや、処分されていくものがたくさんあります。

こうした、まだ使えるけど、使う機会がなくなったものを
海外や、必要としている方々へお届けすると、現地では、大変喜ばれます。

また、日本で流通していた製品は、
安全で、程度がよく、高品質なため、とても信頼されています。

そのため、日本のご家庭から寄付して頂いたものは
ほぼ100%リユースが可能なのです。

2 ) ワクチン募金活動

国連児童基金 ( = UNICEF ) や、世界保健機関 ( WHO ) の発表によると、 今でも、世界では、六大感染症と呼ばれている「ポリオ」「ジフテリア」「はしか」「百日咳」「結核」「破傷風」のワクチンが必要とされています。
このワクチン接収により、年間200-300万人の命が救われいるそうです。
これでも十分ではなく、ワクチンの接種率が向上すれば、さらに年間150万人の命が助かる見込みです。

少量づつでも、より多くの方の善意を集めて寄付活動を行いたい。という思いから、
セカンドライフでは、一箱あたり、一人分のワクチン募金を行っています。

3 ) ご自宅まで集荷

セカンドライフにお申込み頂くと、ご自宅に専用の集荷用伝票が届きます。

お荷物の準備ができましたら、ゆうパックへ集荷の依頼をして頂き、
集荷用伝票を張り付けて、お渡しするだけで、ご自宅にいながら寄付をすることができます。

※集荷用伝票とは、宛先や送り主が印字されており、張り付けるだけで使用できます。
 また、配送料金はお申込み料金に含まれておりますので、集荷時に費用は発生しません。


4 ) コミコミ価格

セカンドライフのお申込み料金には、宅配便の送料・消費税・ワクチン募金費用が含まれています。
また、お申込みプランは全国一律料金のため、送料が高額になってしまうご心配はありません。

※3辺サイズが160cm以上になるお荷物の場合は、コミコミプランがありませんので、
お申込料金(保管費用)+配送料金の実費にて、お送り頂いております。

5 ) 社会貢献

セカンドライフに寄付して頂くことで、世界の子ども達の命を守る大切なワクチンになります。
一箱あたり、一人分のワクチン募金をさせて頂いております。

また、寄付して頂いたものは、アジア諸国をはじめ、国内で必要としている方の元へとお届けします。
こうした寄付・支援活動は、お申込料金と配送料金の差額、お客様からの支援金により成り立っています。

おかげさまにより、セカンドライフは活動10周年を迎えることができました。
皆様、いつも本当にありがとうございます。

セカンドライフのお客様の声

セカンドライフに寄付をお申込み頂く際に、寄付して頂くお品物への思いや、セカンドライフへの応援コメントをたくさん頂きます。 頂いたメッセージやお手紙は、全てありがたく目を通させて頂き、お手紙は、大事にファイリングして保管させて頂いております。

こうした、お客様からの応援や、寄付品への愛情を感じることで、スタッフ一同「今日も頑張ろう!」と思えるんです。

\ご利用者様の声を一覧でご紹介/

もっと、詳しくみる

セカンドライフに届いたお手紙

お送り頂くお荷物の中にお手紙を入れて頂けることがあります

「いつもおつかれさまです。」「コロナに負けずに頑張りましょう」
などの温かいメッセージに、仕分けスタッフ一同、何度も励まされました。

※ お写真は、ほんの一部です。
※ 残念ながら、全てはご紹介できないので、一部を抜粋してご紹介いたします。

\頂いたお手紙を一覧でご紹介/

もっと、詳しくみる

セカンドライフが選ばれる5つの理由

ワクチン募金

セカンドライフでは、少量づつでも、より多くの方の善意を集めて寄付活動を行いたいという思いから、寄付して頂いた商品数に応じて、お客様の代わりにワクチン募金を行っています。

募金総数

2010年~2020年11月で
122,576人分 のワクチン募金を行いました

2020年10月

2,768人分

2020年9月

2,646人分

2020年8月

2,771人分

2020年7月

2,757人分

セカンドライフでは、サービスを立ち上げた10年前から、ワクチン募金を実施しています。
ワクチン募金は、不用品のリユース活動を通じて、世の中に笑顔を増やす活動の一環として行っています。

今でも、世界では、六大感染症と呼ばれている「ポリオ」「ジフテリア」「はしか」「百日咳」「結核」「破傷風」のワクチンが必要とされています。 このワクチン接収により、年間200-300万人の命が救われいます。 これでも十分ではなく、ワクチンの接種率が向上すれば、さらに年間150万人の命が助かる見込みです。

\ワクチンの募金実績を/

もっと、詳しくみる

寄付できるもの