私たちが目指すぬいぐるみの寄付

ぬいぐるみを、大切にリユースする事が
1つの笑顔を増やすことに繋がる

これが、セカンドライフの考える「ぬいぐるみの寄付」の理念です。
セカンドライフは、この理念を実現することを目的に運営されています。

目次

1 ) たくさんのぬいぐるみが、捨てられています

日本では、毎日たくさんのぬいぐるみ達が、廃棄されています。

・小さい頃は、よく遊んでいたぬいぐるみ
・一生懸命に集めていたキャラクターのぬいぐるみ
・記念にもらったぬいぐるみ
・UFOキャッチャーで取って、なんとなく置いていたぬいぐるみ

この子たちは、最後にはどうなるでしょうか?

もちろん、汚れてしまった、破損してしまったぬいぐるみ達は、
残念ながら、廃棄されるしかないかもしれません。

しかし実際には、ほとんどのぬいぐるみ達は、まだまだ遊べる状態で、
次の里親さん達に喜んで頂けます。

燃えるゴミに出す。事はとても簡単な事ですが、
少しの手間をかけて、寄付を行ってみる 事で、
得られる気持の良さ、清々しさを私たちは大切にしています。

日本人の多くの方が持っている「もったいない」という気持ち、ぬいぐるみを大切にしたいという気持ちを大切にし、その受け皿となることで、1体でも多くのぬいぐるみのリユースを進めていくこと。

そして、その過程で、1つでも多くの笑顔を生み出すお手伝いをさせて頂くこと

それが、私たちセカンドライフのミッションであると考えて、私たちは日々の活動に取り組んでいます。

2 ) 国内で必要とされるぬいぐるみ

セカンドライフでは、国内の児童福祉施設や教育機関、お子様のいるご家庭へ、ぬいぐるみをお届けしています。
( ※ 2021年現在は、コロナ蔓延防止の観点より、規模縮小しています )

就学前のお子様には、アンパンマンやすみっコぐらし、動物のぬいぐるみなど。小学生のお子様には、ポケモンやドラえもん、リラックマのぬいぐるみなどが大人気です。

お子様の多い施設では、ぬいぐるみの大きさによって、取り合いになってしまうことがあるため、人数や、お子様の年齢をお聞きした上で、なるべくご要望に沿うように仕分けをして、送り出します。

また、「にこっと」では、毎月1回、HPとSNSで里親さん募集中のぬいぐるみを掲載して、本当に欲しい方、大切にしてくださる方にお届けしています。

セカンドライフに寄付して頂いたぬいぐるみ達が、第二の人生を歩んでいる姿を里親さんになって頂いた方から、お写真やメッセージがたくさん届いています。

寄付して頂いた方々に、お伝えするため、寄付事例としてご紹介してまいりますので、よろしければ、チェックしてみてください。

セカンドライフに届いたぬいぐるみを


詳しく見てみる






「 にこっと 」 は、NPO法人グッドライフが運営するSNSを使った寄付活動です。
ぬいぐるみの個別寄付などを行っております。

にこっとの活動報告を


詳しく見てみる

3 ) 海外で必要とされるぬいぐるみ

ピカチュウ、どらえもん、キティちゃんなど日本のキャラクターは実は、海外でもかなり知られています。
中でも「ピカチュウ」は、世界的に大人気で、男の子、女の子問わず、とても喜ばれます。

ぬいぐるみの場合、セカンドライフから海外へのお送り先は、タイやフィリピン、ミャンマーなどの東南アジア諸国が、比較的多いです。

ドラえもんやポケモン、ドラゴンボール、ワンピースなどのアニメが放送されたことから
日本のアニメが好きで日本語を勉強する方も、多くいらっしゃる事が、日本のぬいぐるみが愛される一因となっています。

日本のキャラクターを知らない幼い子供達にも、
寄付されたぬいぐるみで遊んでもらうことで、文化交流の一旦になればという思いもあります。

話す言葉や文化、育った環境は違っても、
一つのぬいぐるみが、世界のどこかで誰かの笑顔になるのであれば、今日も頑張ろう!って思えるんです。

4 ) ぬいぐるみを、供養するという事

思い入れのあるぬいぐるみに感謝の気持ちを伝えたい。次の場所で幸せな第二の人生を送って欲しい。

でも、その前に、生活の中で自然に染み込んでいく、色々な思いをクリアして、すっきりと旅立って欲しい..

といったお気持ちから、ぬいぐるみの供養のご依頼を多く頂きます。
供養をご希望頂いたぬいぐるみは、月に1度、セカンドライフが主催する合同供養会で、神主様と一緒にご祈祷し、供養をさせていただきます。
セカンドライフのスタッフも、一緒に出席して、ぬいぐるみ達の新しい門出が、幸せなものになるようにと、一生懸命にお祈りさせて頂いております。


大切なぬいぐるみに感謝を伝える3つの方法

1. お顔にほこりがかぶっていれば、落としてあげる
2. 「今までありがとう」と、心をこめて伝える
3. 「いってらっしゃい」と、明るく送り出す


お顔や手足が取れてしまったものや、綿が抜けてしまったものなど、リユースできないとしても、今までお世話になったぬいぐるみを、単なるゴミとして処分することなんてできないというお気持ちも、すごく分かります。

そういう場合でも、私たちが代わりとなって、きちんと供養させて頂いた上で、心をこめて処分させて頂いております。

5 ) セカンドライフの目指す、寄付の見える化ついて

寄付して頂いたものが、どのような方に使われているのか?
どのような第二の人生を、これから歩んでいくのか?

寄付して頂く方の多くは、そんな気持ちを持っておられます。

私たちは、その気持ちにお応えするために、
SNSやメディアを利用した “寄付の見える化” に取り組んでいます。

まだまだ、始めたばかりで、これからの取り組みではありますが、
1歩づつ着実に歩んで行き、笑顔を1つづつ増やしていけるように、地道に取り組んで参りますので、
ぜひ、応援して頂ければ、うれしく思います。


ぬいぐるみを寄付してくれた人に感謝の気持ちを伝えたい。
そんな思いを持った方々から届いたメッセージやお写真をセカンドライフの運営する「にこっと」を通じて、1人でも多くの方々に知って頂けると嬉しく思います。

にこっとの活動報告を


詳しく見てみる



セカンドライフが選ばれる5つの理由

ワクチン募金

セカンドライフでは、少量づつでも、より多くの方の善意を集めて寄付活動を行いたいという思いから、寄付して頂いた箱数に応じて、お客様の代わりにワクチン募金を行っています。

募金総数

2010年~2021年12月で
186,542人分 のワクチン募金を行いました

2021年12月

565人分

2021年10月

2869人分

2021年11月

3078人分

2021年09月

3142人分

セカンドライフでは、サービスを立ち上げた10年前から、ワクチン募金を実施しています。
ワクチン募金は、不用品のリユース活動を通じて、世の中に笑顔を増やす活動の一環として行っています。

今でも、世界では、六大感染症と呼ばれている「ポリオ」「ジフテリア」「はしか」「百日咳」「結核」「破傷風」のワクチンが必要とされています。 このワクチン接収により、年間200-300万人の命が救われいます。 これでも十分ではなく、ワクチンの接種率が向上すれば、さらに年間150万人の命が助かる見込みです。

\ワクチンの募金実績を/

もっと、詳しくみる

セカンドライフに届いたお手紙

お送り頂くお荷物の中にお手紙を入れて頂けることがあります

「いつもおつかれさまです。」「コロナに負けずに頑張りましょう」
などの温かいメッセージに、仕分けスタッフ一同、何度も励まされました。

※ お写真は、ほんの一部です。
※ 残念ながら、全てはご紹介できないので、一部を抜粋してご紹介いたします。

\頂いたお手紙を一覧でご紹介/

もっと、詳しくみる

セカンドライフのお客様の声

セカンドライフに寄付をお申込み頂く時に、寄付して頂くお品物への思いや、セカンドライフへの応援コメントをたくさん頂きます。 頂いたメッセージやお手紙は、全てありがたく目を通させて頂き、お手紙は、大事にファイリングして保管させて頂いております。

こうした、お客様からの応援や、寄付品への愛情を感じることで、スタッフ一同「今日も頑張ろう!」と思えるんです。

  • 東京都狛江市 O 様

    2021-10-31

    古着、食器、ぬいぐるみなどを送らせていただく予定です。 いずれも使用していたもの、または頂き物にはなりますが、必要だと思う方に使用いただけたらうれしいです。

  • 神奈川県相模原市 H 様

    2021-10-31

    子ども達が大切に使ったランドセルやその他の小物がどこがで喜んで使っていただけるのはとても嬉しいです。 会う事はできなくても、素敵なご縁に感謝します。

  • 兵庫県加古川市 K 様

    2021-10-30

    他界した祖母からの入学祝いで作ったオーダーメイドのランドセル。卒業し、ミニランドセルに仕立てようと考えていましたが、思い出は心に残っていますので、ランドセルにも第2の活躍をしてほしいと思いました。 受け取った誰かが喜んでくれることを、祖母も娘も願っています。 よろしくお願いいたします。

  • 神奈川県藤沢市 M 様

    2021-10-29

    今迄はこの様な寄付がある事が思いつかなくて 全て資源ゴミに出していました かなりの洋服を無駄に捨てていた事にもっと 早く知っていたらと、、,少しでも何かのお役に立てるならと思い送らせていただきます 本当に気付くのが遅くて今迄ただ捨てていた事に反省していますボランティア方々に感謝です。

  • 広島県福山市 O 様

    2021-10-28

    思い入れのあるぬいぐるみたちです。 これからのぬいぐるみたちのセカンドライフ、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 神奈川県横浜市 H 様

    2021-10-28

    引取り団体を散々探しましたが、こちらのような、商品に対する敬意を持って最後まで生かすような活動をして下さっているところを見つけ、本当に嬉しいです!大量の不要品を処理する労力は本当に大変だと思います。有難うございます!

  • 東京都葛飾区 N 様

    2021-10-27

    捨てることには抵抗あり、再利用していただけると嬉しく思います。ワクチンの寄付という素晴らしい行いも賛同でき、お手伝いになるならさらに嬉しいです。

  • 岐阜県多治見市 K 様

    2021-10-27

    亡き両親が娘たちが生まれた時に買ってくれた羽子板の供養をお願いしたいです。お正月だけでなく一年365日ずっと飾って娘たちの成長を見守ってもらいました。二人とも自分の夢を叶え、しっかりと歩きはじめました。今までの感謝をこめて大切に供養していただきたいです。

  • 高知県香美市 S 様

    2021-10-27

    いつもお世話になっております。 うちの子は、思い出のつまったものを手放すのがいつも辛いようですが、誰かにまた使っていただけると信じて物を手放す決意ができています。

\ご利用者様の声を一覧でご紹介/

もっと、詳しくみる

寄付できるもの